ロバート モンダヴィ 2007年 カベルネ ソービニョン リザーヴ

Robert Mondavi 2007 Cabernet Sauvignon Reserve  Review by Yuki Saito

カリフォルニア ワインの父、ロバートモンダヴィが亡くなり、全てのファミリーメンバーが去った後に、新オーナーの手で世に出た <新モンダヴィ> ワイン。

グラスから立ち上がる、カシスとリコリス(天草)の芳醇な香り。口に含んだ瞬間の、力強くしなやかなタンニンのアタック。 熟したカシスやブラックベリーの濃厚な味わいに、 何層にも重なった薫製、シガー、スパイスの広がり。これらの余韻は長く、口中で尾を引きます。

07年という製造年は、近年ではナパ最高のヴィンテージと位置づけられています。 雨の少ない冬、暖かい春、適度に暑い夏と、比較的涼しい秋が続いたお陰で、遅摘みのカベルネは、じっくりと果実を熟成。

そしてこのワイン作りを担当する、ジャンセン女史。 オーパスワンでの手腕を買われ、現在はコンスタレーションという新しいオーナーの傘下のモンダヴィワイナリーで、ワイン デイレクターとして活躍中。 10年には 最高の栄誉であるワインメーカー オブ ザ イヤーも受賞しました。

更に、このワインのブドウは、<トカロン>という 最高のカベルネ 名産地で、育て上げたもの。この畑は、熟成した果実を育てる古木が多いモンダビの財産であり、近年ジャンセン女史がリノベーションを手がけた結果、11年にはこれも栄えあるVineyard of the Year (Vineyardは畑という意味)まで受賞しているのです。

<良質のブドウ>と<好気候>、<ワイン作りの名手>という 天地人が全て揃ったワインを、ロバート パーカー氏も、絶賛。同氏曰く。

「 コンスタレーションというマンモス企業が、モンダヴィのワインを作るということに、懸念を持つ人は少なくありません。しかしこの出来映えを見る限り、それは杞憂のようです。」「これだけ重厚で複雑なカベルネは、近年最高のビンテージ に匹敵するでしょう。(生前の)モンダヴィ ワイナリーが手がけた超優良ビンテージ、1990、91,2001、02 年が彷彿されます。07年のビンテージは20年から25年の熟成が期待出来ます。」と手放しで褒め、何と95点という 高得点を付けたのでした。

これに同調するかのようにワインスペクテーターや、ワインエンスージアストまでが95点を与えています。このしなやかで腰が強く、黒系フルーツが詰まった肉厚で複雑なカベルネは、モンダビ氏亡き後も、氏の伝統をしっかりと受け継いでいるようです。

製造元 ロバート モンダビ ワイナリー
製造年 2007年
品種構成 カベルネソーヴィニヨン90% カベルネフラン7% プティヴェルド3%
産地 カリフォルニア ナパヴァレー AVA

Yuki Saito

斉藤ゆき

Diploma WSET, Certified Sommelier, Master of Wine Program
ワイン・コンサルタント 品評会審査員 ワイン・ライター

ニューヨークで金融キャリアを構築後、 生涯のパッションであるワインを、欧米のトップスクールで学び、日本人として希有な資格を数多く有するトッププロ。

ワイン教育の最高学府、Wine and Spirits Education Trust (WSET)の学位(レベル4最上位)をカリフォルニアで、上級資格(レベル3)をトップで本校(ロンドン)にて取得。更に、ソムリエ機関の世界的権威であるCourt of Master Sommeliers(ロンドン)の認定ソムリエ資格も有する。フランス留学は頻繁で、ボルドー、ブルゴーニュを始め、各地のワインスクールでフランス人と共に学ぶ。

現在は、サンフランシスコをベースに、ワインの顧問業務(日米)、連載記事の執筆と講演(日米)、品評会審査と視察(日欧米)を3本柱に活躍する傍ら、ワイン業界最高峰といわれるマスター・オブ・ワインのプログラムに所属し、MWを目指して切磋琢磨中。
0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です