年末の乾杯はこれで決まり!

華やかなクリスマスからお正月にかけての年末に、皆さんは何をお飲みになっていらっしゃいますか?シャンパン?ビール?それとも、日本酒でしょうか?

 

では、今年は目先を変えて、とってもおいしいカリフォルニアのスパークリングワインはいかがでしょう?

 

カリフォルニアでは米国地場メーカーに加え、フランス最大手のシャンパンハウス(モエ テ シャンドン)や、スペインの最大手のカバ メーカー(フレッシュネット)の子会社などが、素晴らしい発泡酒を、作っているのはご存知ですか?

 

しかも、フランスのシャンパンに比べても、引けを取らない上質なものが多々有りますが、お値段はかなりお得なのです。

 

例えば「クリスタル」で有名なローデラー社がロシアンバレー(ソノマ)で作っているローデラーエステート(子会社名)の「ブリュット」は、スーパーなどで20ドルくらいで買えますが、その質はプロのブラインド テイスティングで常にトップの評価を受けます。柑橘類だけではなく、ピーチやリンゴなどのフレッシュなフルーツが、キレのある酸味とともに口中に広がる絶品ですが、同社のプレスティージュ キュヴェ(自社の最高級ブランド)のアルミタージュ (Hermitage) は、45ドルとは思えない、高級シャンパンの味わいです。

 

また、フランス テッタンジェ(Taitiger)の子会社、ドメーン カーネロスの作る様々なスパークリングワインは、どれもとても品が良いフルーティさで、やはり20ドル台から購入出来ます。ここのプレスティージュ キュヴェの『夢』(Le Reve)は、100ドル位の高級品ですが、フランスのそれと比べて、全くひけをとりません。

 

外国資本ではなく、昔からシャンパン製法できちんと質の高いスパークリングワインを作っている代表格は、ナパのシュラムズバーグでしょう。生産量が少なく、今でも手作りで丁寧に作るその発泡酒は、ホワイトハウスの晩餐会でも愛用されています。こちらも、20ドル台から始まり、他社と同じく最高級のブランドは100ドルを超え、その繊細な泡と深い味わいは、プロをして「フランスのシャンパン!」と間違えてしまいます。

 

また、格安感のあるカヴァ(スペインの発泡酒)ですが、フレッシュネットの米国子会社は、グロリア フェレー(フェレー家はフレッシュネットのオーナー一族)と名付けられ、こちらは上記他社に比べて、更に割安な発泡酒を出しています。

 

その他にも、モエ テ シャンドンの米国子会社であるシャンドンや、ソノマの地場メーカーのアイアン ホースやJヴィンヤーズなどは、スーパーでとても手頃に手に入る有り難いブランドです。

 

ということで、是非年末年始はカリフォルニアの泡物をお試し有れ!

Yuki Saito

斉藤ゆき

Diploma WSET, Certified Sommelier, Master of Wine Program
ワイン・コンサルタント 品評会審査員 ワイン・ライター

ニューヨークで金融キャリアを構築後、 生涯のパッションであるワインを、欧米のトップスクールで学び、日本人として希有な資格を数多く有するトッププロ。

ワイン教育の最高学府、Wine and Spirits Education Trust (WSET)の学位(レベル4最上位)をカリフォルニアで、上級資格(レベル3)をトップで本校(ロンドン)にて取得。更に、ソムリエ機関の世界的権威であるCourt of Master Sommeliers(ロンドン)の認定ソムリエ資格も有する。フランス留学は頻繁で、ボルドー、ブルゴーニュを始め、各地のワインスクールでフランス人と共に学ぶ。

現在は、サンフランシスコをベースに、ワインの顧問業務(日米)、連載記事の執筆と講演(日米)、品評会審査と視察(日欧米)を3本柱に活躍する傍ら、ワイン業界最高峰といわれるマスター・オブ・ワインのプログラムに所属し、MWを目指して切磋琢磨中。
0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です