製造元  エインシャント・ピークス(Ancient Peaks 略してAP)とパソ・ロブレスAVAについて Introducing Ancient Peaks Winery and Paso Robles AVA 

Ancient Peaksのブースにて

ワイナリーがあるパソ・ロブレスというブドウ栽培地域(AVA)は、サンフランシスコとロサンジェルスのちょうど真ん中に位置します。APは太平洋側に近い小高い丘に、千エーカーという 広大な自社畑(マルガリータ・ヴィンヤーズ)を保有。畑は土壌や気候、日照角度の違いなどで、表現の異なるブドウが出来るため、それらを細かい「ブロック」に区分けしています。

 土地柄、サンタルシア山脈と、海からの冷たい風や霧の影響を受けるため、昼夜の温度差が大きく、ブドウがゆっくりと熟成。更に化学肥料を最小限に抑えた「オーガニック農法」を長年実施しているため、質の高い優良なブドウが出来ます。

 同社のワインは、高品質でありながら、低価格です。これが出来るのは、同業他社と違い、ブドウの全てを自給自足できること。つまり、ブドウの質で決まるワインの質を、自らがコントロールできることにあります。更に、コストの上昇が止まらない北のナパなどと比べ、比較的物価の安定したカリフォルニア中部(セントラルコースト)に位置することも見逃せません。

 最近は様々な業界紙や評論家が、注目を始めているワイナリーであり、現時点ではカリフォルニアの隠れた宝石といえるでしょう。

 

Ancient Peaks            2011   Sauvignon Blanc        Paso Robles, California

製造元                    エインシャント・ピークス

製造年                    2011年

品種構成              ソービニョン・ ブラン 100%             

産地AVA              カリフォルニア セントラル・コースト パソ・ロブレス

 

ブリリアントなレモン色 で、アローマはもぎたてのライム、グリーンアップル、レモンの葉、アサツキなどフレッシュな果実とハーブの青臭さ混ざり合い、白い花の香りと、白い石のミネラル感が新鮮です。

 フレッシュな柑橘類の酸味に白こしょう、ジンジャー、ハラペーニョ・ペッパーといったスパイスが加わり、グレープフルーツやビターメロンの余韻が残ります。ワインは冷やして魚介類や、レモンチキンなどと一緒に頂くと、食が進みそうです。

 

Ancient Peaks            2010   Merlot                                     Paso Robles, California

製造元                    エインシャント・ピークス

製造年                    2010年

品種構成              メルロー 100%           

産地AVA              カリフォルニア セントラル・コースト パソ・ロブレス

メルロー品種100%の単一品種ワインですが、同じメルローとはいえ、マルガリータ・ヴィンヤーズの3つのブロックから収穫された味わいの異なるブドウをブレンド。ブロック4のメルローは酸味の高いフレッシュな赤い果実が特徴。ブロック5は黒と赤の果実(サクランボやベリー)が等分に混ざった味わい、そしてブロック7は凝縮度が高く、熟れた黒い果実(ブラックプラム)。このブレンドにより複雑さとバランスを確保しました。

 コントロールされたエレガントさが特徴で、フレッシュな酸味とタニンが食欲をそそるワイン。ポーク、チキン照り焼きなどの肉料理の他に、アップル、パイナップルソースを添えた肉、魚料理にも相性がよいでしょう。

 

 Ancient Peaks            2010   Cabernet Sauvignon             Paso Robles, California

製造元                    エインシャント・ピークス

製造年                    2010年

品種構成              カベルネ・ソービニョン 91% カベルネ・フラン 4% マルベック3%                                           プティ・ヴェルド2%

産地AVA              カリフォルニア セントラル・コースト パソ・ロブレス

 

今でこそ、カリフォルニアのカベルネといえば、ナパの「骨太、超凝縮、高アルコール」に代表される「マッチョマン・ワイン」が主流となっていますが、90年代まではフランス嗜好に近い「エレガント、フェミニン、低アルコール」ワインを作っていました。

 

そしてこのワインは、そんな昔のナパのカベルネを彷彿させるエレガントなワイン。カベルネ品種独特の、黒い果実の凝縮感を有しながらも、タッチは飽くまで優しげ。加えて、ボルドー右岸を思い起こさせる 赤い果実や(レッド・キュラント、レッド・チェリー)や、スパイス(アニス)、ココア、ヴァニアなどが加味された、素敵な一品。ワインだけ頂いても、肉料理とマリアージュしても、きっと満足されるでしょう。

Yuki Saito

斉藤ゆき

Diploma WSET, Certified Sommelier, Master of Wine Program
ワイン・コンサルタント 品評会審査員 ワイン・ライター

ニューヨークで金融キャリアを構築後、 生涯のパッションであるワインを、欧米のトップスクールで学び、日本人として希有な資格を数多く有するトッププロ。

ワイン教育の最高学府、Wine and Spirits Education Trust (WSET)の学位(レベル4最上位)をカリフォルニアで、上級資格(レベル3)をトップで本校(ロンドン)にて取得。更に、ソムリエ機関の世界的権威であるCourt of Master Sommeliers(ロンドン)の認定ソムリエ資格も有する。フランス留学は頻繁で、ボルドー、ブルゴーニュを始め、各地のワインスクールでフランス人と共に学ぶ。

現在は、サンフランシスコをベースに、ワインの顧問業務(日米)、連載記事の執筆と講演(日米)、品評会審査と視察(日欧米)を3本柱に活躍する傍ら、ワイン業界最高峰といわれるマスター・オブ・ワインのプログラムに所属し、MWを目指して切磋琢磨中。

Leave a Comment