ロンドンを本部とするマスター・オブ・ワイン(MW)協会は、ワイン業界の最高峰に君臨し、世界各地に散らばるMWを統括する本部。現在世界で300人という希少価値のMWは、一流のワイン・メーカーやジャーナリスト、ジャンシス ロビンソン氏のように過大な影響力を持つワイン評論家など、業界の色々なジャンルで活躍しています。

 

MWの試験に応募するには、まずワイン教育の最高学府Wine & Spirits Education Trust (WSET)という ロンドンを本拠として、世界中でプログラムを展開する教育機関の学位(4つのレヴェルの最高位)を取得する必要があります。学位は、世界のワイン事情(経済、ワイン法、葡萄育成から醸造など)、スピリッツ(ウィスキー、ウオッカなど)、デザート・ワイン、スパークリング・ワイン、ワイン・ビジネスと醸造学の6科目を数年かけて学び、それぞれの科目の筆記試験(理論)と目隠し試飲テストに合格しなければなりません。リサーチペーパーも提出するため、アカデミックな オリエンテーションが要求されます。更に、MW試験の応募資格には、ワイン業界で活躍する経歴も要求されます。

 

通常10年から数十年かけてこれらをクリアーした人材が、MW 試験の為のプログラムに応募し、毎年一握りの候補者が選ばれます。そこからが厳しい道で、最初の2年間 に世界各地で行われるMWのレクチャーに出席し、いくつもの理論と試飲の試験をクリアーする必要があります。大抵は4年以上たって時間切れとなり、諦めるというケースが多いようです。無事一連の試験に合格すれば、1万語に及ぶいわゆる「博士論文」に取り組みます。論文が受け入れられ、かつワイン業界での業績が認められた一握りの人が、MWと認定されるのです。

 

このようにワインの学者であるMWは、レストランでのワイン・サービスを主とするソムリエの最高峰マスター・ソムリエ(MS)と一線を画します。理論と試飲重視のMWと比べ、MS試験ではワイン・サービス(給仕)という実技が大きなウェイトを占めますし、試飲のアプローチも異なります。

 

MSの場合、レストランで売れるワインが試飲対象であり、マイナーなワインは除かれ、また客にアピールするためのワインの説明は、ポジティブで芸術的でさえあります。比べてMW は、どんなワインでも「質の評価」の対象になります。その為、芸術性を排したロジカルな言葉の羅列が最終的に、ワインの質を規定しなければなりません。色がブリリアントで透明に近い白ワインであれば、 必要以上にワインを濾過し、見かけを化粧した「大手の商業ワイン」なのか、北限で作ったため、元々淡い色のワインの透明感が、更に増したのかなどを鑑みながら、最後にワインを結論づけます。

 

意外なことに、MWとMSの2つの受験グループと毎週試飲会を開いていて、気がつくことは、まず天才はいないということ。みなワインが大好きで、強い意思を持って 練習と鍛錬を重ね、嗅覚と味覚を磨いているんですね。つまりは、誰でも本気になれば、 ワインのプロになる素養があると思う今日この頃です。

閑静なロンドン在のマスター・オブ ・ワイン本部

Yuki Saito

斉藤ゆき

Diploma WSET, Certified Sommelier, Master of Wine Program
ワイン・コンサルタント 品評会審査員 ワイン・ライター

ニューヨークで金融キャリアを構築後、 生涯のパッションであるワインを、欧米のトップスクールで学び、日本人として希有な資格を数多く有するトッププロ。

ワイン教育の最高学府、Wine and Spirits Education Trust (WSET)の学位(レベル4最上位)をカリフォルニアで、上級資格(レベル3)をトップで本校(ロンドン)にて取得。更に、ソムリエ機関の世界的権威であるCourt of Master Sommeliers(ロンドン)の認定ソムリエ資格も有する。フランス留学は頻繁で、ボルドー、ブルゴーニュを始め、各地のワインスクールでフランス人と共に学ぶ。

現在は、サンフランシスコをベースに、ワインの顧問業務(日米)、連載記事の執筆と講演(日米)、品評会審査と視察(日欧米)を3本柱に活躍する傍ら、ワイン業界最高峰といわれるマスター・オブ・ワインのプログラムに所属し、MWを目指して切磋琢磨中。

Leave a Comment