1760(サンフランシスコ)

気のおけない小さなカフェやレストランが集まるサンフランシスコのポルク ガルチPolk Gulch(ヴァンネスVan Nessと平行して南北に走るポルクストリートPolk Streetの、北はユニオンUnion Streetから南はギアリーGeary Streetまでの)地域に、ホットなレストランが開店したと知り、早速チェックに行きました。

 

この庶民的で雑然とした地域でちょっと不釣り合いな、ミッシェラン星付き、市内最高級のイタリアンレストランのアクエレロ(Acquerello)は、ポルクとサクラメントSacremento Stに位置しますが、この経営者が開いたのがもう少しカジュアル系の1760。天井が高い角部屋ガラス張りのインテリアは、モダンなニューヨークのレストランを連想させます。

IMG_9863

ここのワインリストは、アクエレロのワインデレクターが管理しているだけに、同じような幅広いシャンパーニュリストや、ベンチマークのイタリア、フランスワインが多々見受けられます。それに加えてこのレストランでは、アメリカワインもエレガント系(ヨーロッパ風)が多く、マークアップもリーゾナブルで嬉しい限り。例えばリトライの各種ピノが$88〜$98、マウントエデンのシャルドネが$82といった具合。また、嬉しいハーフボトルも多々あります。

 

食事はシーフードが中心で、カリフォルニアフュージョンといった趣。勿論イタリアンパスタあり、ソースなどの凝った肉料理ありで、新鮮な素材を使っており、また一皿の盛りも人と分けるのに丁度良よい多さ。メニューは上から下に向かって、小皿から大皿になるようにリストされております。

 

今回はワイン業界の友人と二人で、6皿を注文。まずはスペインの獅子唐の揚げ物をビールで頂き、その後はロブスターのセビッチェ、バジルとメロンシャーベットを添えたかにサラダ、サバのグリルと、立て続けにシーフードのつまみを頼み、ワインは北イタリアのソービニョンブラン、サルデニアのヴェルメンチーノやブルゴーニュ ブラン(ブルガンディのシャルドネ)という辛口の良く冷えた白ワインと一緒にいただきました。

IMG_9855

メインディッシュは、小さなパエヤに焼いたタコを乗せたものと、ポークベリーグリルを、辛口のランブルスコとペアリング。このイタリア名産赤のスパークリングワインは、ハーフボトルで$22とリーゾナブルで、質も良い物でした。

 

総じて、行き届いたサービスと、新鮮な食事と飲み物の質を鑑みると、一人頭$100プラスという請求書を高いと感じませんでした。ちなみに、今ホットな生産者シャンパーニュ(Grower Champagne)というブドウ農家の手作りシャンパーニュも揃えており、月曜日に行くとシャンパーニュはボトル20%オフになるそうです。

 

1760 Polk St (@Washington)         415-359-1212         1760sf.com

Yuki Saito

斉藤ゆき

Diploma WSET, Certified Sommelier, Master of Wine Program
ワイン・コンサルタント 品評会審査員 ワイン・ライター

ニューヨークで金融キャリアを構築後、 生涯のパッションであるワインを、欧米のトップスクールで学び、日本人として希有な資格を数多く有するトッププロ。

ワイン教育の最高学府、Wine and Spirits Education Trust (WSET)の学位(レベル4最上位)をカリフォルニアで、上級資格(レベル3)をトップで本校(ロンドン)にて取得。更に、ソムリエ機関の世界的権威であるCourt of Master Sommeliers(ロンドン)の認定ソムリエ資格も有する。フランス留学は頻繁で、ボルドー、ブルゴーニュを始め、各地のワインスクールでフランス人と共に学ぶ。

現在は、サンフランシスコをベースに、ワインの顧問業務(日米)、連載記事の執筆と講演(日米)、品評会審査と視察(日欧米)を3本柱に活躍する傍ら、ワイン業界最高峰といわれるマスター・オブ・ワインのプログラムに所属し、MWを目指して切磋琢磨中。
0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です