ブドウの葉が赤、黄色、茶色に色づき始めたカーネロス。ナパバレーとソノマバレーにまたがる唯一のアメリカブドウ栽培地域(AVA)で、気候的には一番涼しい場所。故に紅葉もナパバレーの北よりも、早めに始めります。

IMG_0394

この地域で最も有名なワイナリーは、お城のようなに威風堂々としたドメイン カーネロス。スパークリングワインの有名どころですが、その向かい側にあるのがこのキュヴェゾン エステート。本日はアポなしでぶらっと立ち寄り、名刺を見せて、一通りにワインの試飲をさせてもらいました。

 

わたしたち業界人 (評論家、ソムリエ、レストランのオーナー、酒屋、卸売り業者、ジャーナリストなど)は、通常ワインメーカーやオーナーにアポを入れると、3時間くらの時間をとってくれて試飲、ツアー、質疑応答につき合ってくれますが、こうして名刺一枚もって、ぶらっと入ることもあります。

 

本日試飲したのは以下の銘柄。総じて、質のよりブドウを栽培し、衛生的なお蔵で、良心的なワインメーキングをしているというのが、グラスを通じて伝わって来るワインでした。

Cuvaison winery

**         2012 Kite Tail Chardonnay$42 (all retail pricing quotes小売価格)

カーネロスの典型的なシャルドネと言えるでしょう。きれいに熟れたシトラス、リンゴ、梨のコンポートに、フレンチオーク(新樽50%使用)から醸し出された白胡椒やバニラが美しく混ざった一品。余韻に仄かな生姜、パイナップルのスパイシーさや甘さが尾を引きます。

 

The wine in glass demonstrates 100% malolactic fermentation in partial new French oak (+ ageing in mixed barrels) with its round citrus acidity, vanilla and white pepper notes with creamy mouth feel. Apparently ripe vintage with clean, well ripened (but not overdone) grapes. I can taste the grapes being very clean and healthy. Minimum intervention in the cellar is evident.

 

Good typicity of the Carneros Chardonnay. Finish is long with spicy ginger and fresh pineapple among apple, pear and peach. Good commercial value wine.

 

**         2012 Estate Pinot Noir         $38

きれいなルビーのワインから、華やかな赤いチェリー、グリーンリーフ、ベーキングスパイスの香りがたちます。口中でもチェリーとスパイスが交錯しながら、柔らかい酸味と穏やかな苦みを醸し出します。優しく楽しいワインですね。

 

This is one style that Carneros Pinot Noir can offer; mild red cherry acidity, just enough slight zippiness from this grape variety (not spicy/green from wholecluster fermentation which some French PN lovers like) and good balance. Wholesome and enjoyable wine, particularly for entry level PN drinkers. Clean grapes and ripe juice (good vintage plus some bleeding).

 

**+      2012   Spire Pinot Noir         $48

ひとつのクローン(115)をシングルブロックで栽培したブドウから作ったレアワイン。前述のPNに比べると心地よい「青臭さが残る」より玄人好みするピノスタイル。カリフォルニアのピノノワールの一つの典型である「熟した(但し昨今の熟しすぎたものとは一線を画す)」「きれいな」ブドウを使って丁寧に作ったワイン。

 

This is a single block, single clone Pinot, a step up from the previous Estate Pinot. Longer new barrel (50% new French) aging for 16 months added the weight and complexity while the varietal greenness also enhances the flavor profile for Pinot lovers. Ripe clean wine of the New World style and not overdone. Good stylistic balance.

 

*          2012 Estate Syrah               $38

 

ピノとシャルドネばかりが伝統的に有名なカーネロスですが、実は質の高いシラーも少量作っています。オーストラリアのシラーズほど「どっしり、がっつり、フルボディ」ではありませんが、本家本元のローヌ(フランス)のシラー のような硬派なワインでもありません。そう、丁度その中間のフルーティーさと、シラー品種特有の骨っぽさもありますが、どちらかというとフェミニンなワイン。

 

This is closer to Syrah- style wine in California version than Shiraz of Australia (thus properly named on label) Not-tinted (unexpectedly) legs of this deep purple wine suggests conscientious winemaking practice of no over-extraction and no over-maceration.

 

Faint earth, leather and dried violet varietal characters are due to NW version while sweet spices of clove, nutmeg are infused into black and red jams. The comfortable level of stem zippiness made me imagine that the wine might have some inclusion of very ripe stems but I was told not.

 

2011 Brandlin Estate Cabernet Sauvignon           $60

 

11年という気候的に問題が多かったヴィンテージのワインですが、全く問題を感じさせない出来です。但し、ちょっと旨味成分(味の素のような濃い味わい)が高い気がしますが、全体的にカリフォルニアのカベルネの典型ともいえるブラックベリージャムを彷彿させるワインです。

 

Blend = Cabernet Sauvignon 85% +Petit Verdot 9% + Cab Franc 6%

 

 

Before tasting it, I noted the problem vintage of 2011 when many California wines were heavily man-handled. This wine, does not give me that impression though a bit too much MSG-like umami flavors persisted on palate. Ripe jammy black fruit with fresh acidity and well integrated good tannins. Decent wine for bad vintage.

 

**    2011 Henry’s Keep Proprietary Red Wine $98

 

同じ年のブドウ比率の似通ったボルドーブレンドですが、より良い(熟した)ブドウを選んで作った質の高いワインです。上記に比べて、旨味成分が抑えられていて心地よく、またフレンチオークの新樽を更に多く使って、より長く寝かせたワインだということが、分かります。

 

また、双方の赤ワインのブドウは、エレガントなブドウを育てるマウントヴィーダーAVAの自社畑のブドウを使っております。畑は標高1200フィートという高さのため、海からの適度な霧と、東向きの質の良い陽光を受けてゆっくりとブドウが成熟します。

 

難しい年だったということを全く感じさせない出来映えです。

 

 

Blend = Cabernet Sauvignon 81% +Malbec 15% +Petit Verdot 2% + Cab Franc 2%

 

The Bordeaux grape varieties are all planted over (or partially over) the fog line of 1200 feet above Mt. Veeder in the own vineyards. Even though 2011 was a tough year, I can taste the grapes ripened and healthy from the glass. Just enough umami flavors of this black currant black berry toned blend with balanced structure.

 

I can also taste slower ageing in higher ratio of French new oak barrels with fragrant vanilla and mocha, infused with dried violet and plummy jam. Delicious.

Cuvaison wines

 

 

 

Yuki Saito

斉藤ゆき

Diploma WSET, Certified Sommelier, Master of Wine Program
ワイン・コンサルタント 品評会審査員 ワイン・ライター

ニューヨークで金融キャリアを構築後、 生涯のパッションであるワインを、欧米のトップスクールで学び、日本人として希有な資格を数多く有するトッププロ。

ワイン教育の最高学府、Wine and Spirits Education Trust (WSET)の学位(レベル4最上位)をカリフォルニアで、上級資格(レベル3)をトップで本校(ロンドン)にて取得。更に、ソムリエ機関の世界的権威であるCourt of Master Sommeliers(ロンドン)の認定ソムリエ資格も有する。フランス留学は頻繁で、ボルドー、ブルゴーニュを始め、各地のワインスクールでフランス人と共に学ぶ。

現在は、サンフランシスコをベースに、ワインの顧問業務(日米)、連載記事の執筆と講演(日米)、品評会審査と視察(日欧米)を3本柱に活躍する傍ら、ワイン業界最高峰といわれるマスター・オブ・ワインのプログラムに所属し、MWを目指して切磋琢磨中。

Leave a Comment