ナパではカベルネ以外にこんなに素晴らしいワインを作っています Napa’s other great grape varieties unearthed

2月17日から20日まで開催されている「15年度ワインライターシンポジウム」に出席していますが、ナパバレーが自信を持ってジャーナリスト/審査員に提供してくれる数十種類のワインを、連日試飲しています。

IMG_1833

 

 

 

 

 

 

 

(会場のメドーウッドにて)

カベルネの評判ばかりが先行するナパですが、実は隠れた名ワインが沢山あります。以下は、中でも品種も珍しく、美しいワインをリストしてみました。近々別途に個別訪問をして、じっくりとレポートしたいと思います。

 

Winery                       Wine                                                   Comment

Benessera                  2011 Sagarantino, St. Helena          イタリアのオリジナルに比べ、洗練されており、バランスも良い

 

Darioush                    2013 Viognier, Napa Valley             カリフォルニアで作るヴィオニエの中では、かなり良い出来映え

 

Lakemead                  2013 White Blend                            ブレンドの中枢を占めるトカイ フリウリノにキレとミネラル感がある

 

Nichelini Family         2013 Muscadelle                              ナパでこういうデリケートな白ワインができるとは新鮮です

 

Paoletti Estate           2013 White Malbec                          初めてマルベックの白ワインを飲みましたが、芳醇、まろやかそして深みがあります

 

Truchard Vineyards 2010 Tempronillo                             カーネロスで作るテンプラニーヨ。良い出来映えです。

 

流石にナパで、この他にも何十とある名酒ですが、まずは普通の人が飲めない/飲んだことがないであろう銘柄からご紹介。

IMG_1841

IMG_1840

Yuki Saito

斉藤ゆき

Diploma WSET, Certified Sommelier, Master of Wine Program
ワイン・コンサルタント 品評会審査員 ワイン・ライター

ニューヨークで金融キャリアを構築後、 生涯のパッションであるワインを、欧米のトップスクールで学び、日本人として希有な資格を数多く有するトッププロ。

ワイン教育の最高学府、Wine and Spirits Education Trust (WSET)の学位(レベル4最上位)をカリフォルニアで、上級資格(レベル3)をトップで本校(ロンドン)にて取得。更に、ソムリエ機関の世界的権威であるCourt of Master Sommeliers(ロンドン)の認定ソムリエ資格も有する。フランス留学は頻繁で、ボルドー、ブルゴーニュを始め、各地のワインスクールでフランス人と共に学ぶ。

現在は、サンフランシスコをベースに、ワインの顧問業務(日米)、連載記事の執筆と講演(日米)、品評会審査と視察(日欧米)を3本柱に活躍する傍ら、ワイン業界最高峰といわれるマスター・オブ・ワインのプログラムに所属し、MWを目指して切磋琢磨中。
0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です