日本で手に入らない上質なカリフォルニアワイン!?”Great California wine” unknown in the Japan Market (bilingual article)

What would you bring to Japan when you are asked to introduce ONE high quality California wine that is not seen in the Japan market?  先月日本に品評会の審査などで、出張した時のこと。日本在住のあるトッププロに、こんな依頼を受けた。「サンフランシスコにお住まいの斎藤さんがお勧めする高品質で、日本で入手できないカリフォルニアワインを一本ご持参頂けますか?」さあ、困った。

The initial thought would be to define” high quality” wine.  My reasoning was following.  “High quality “for him” would be the same common denominators among MW/MW students which are the BLIC:”balance, length, intensity, complexity” while the wine must express the sense of place (terroir).  That definition forced me to exclude by default,”high Parker Point wines (which tend to have the SAME traits of over-ripeness though good quality) and ” CULT wine” (for the same reason and it typically does not represent terroir but winemaker’s style).

IMG_4607

そこで、『高品質』と『日本で入手出来ない』という部分を自分なりに定義づけた。MWの候補者で、ヨーロッパを中心にMW達と世界中の品評会などで活躍する同氏にとって、品質の定義は私と同じく、『「ワインの持つバランス、余韻の深み、凝縮度合い、複雑味」に加えて、テロワールを表現しているもの』であろう。これは同じプログラム(WSET, MW program)で勉強して来た世界のワインのプロ達の共通言語である。この伝で行くと、当然PP(パーカーポイント)の高いワインや、カルトワインは除外せざるを得ない。何故なら、そういうワインは質こそ高いが、高得点を得る為にブドウを凝縮して作る為、似たり寄ったりの味に落ち着いており、テロワールの表現からはほど遠い、「ワインメーカーの手腕の結果ワイン」ばかりだ。

My dilemma was to choose just one wine among SO many such high quality California wines.  Napa alone has over 600 wineries, so does Sonoma.  Including other high quality regions of Santa Cruz, Santa Barbara, Paso Robles, etc, how can I choose ONLY ONE wine to take?

問題は「一本」ご持参下さいという点。ナパやソノマだけでもそれぞれワイナリーは600以上在り、同じくハイクオリティを生産するサンタクルーズ、サンタバーバラ、パソロブレスを考慮するときりがない。

OK.  He said in his request, ‘because it would be difficult to bring wine being so heavy through the flight, would you please bring ONE bottle?”  That means I CAN bring several if I don’t mind it.

IMG_4599

ちょっと、待てよ。同氏は依頼書で「重いワインをご持参されるのは大変でしょう。一本だけ、、云々」とおっしゃっていられた。ということは、私が気にならなければ、一本以上持って行っても良いのだ!と、気がついた。は〜。

The yardstick I really wanted to stick to (no pun, intended) was the wines produced by American vigneron, not just winemaker in the cellar.  Obvious ones such as Ted Lemon’s Littorai Pinot Noir would be no brainer as any professional wine critic should certainly know and enjoy his wines.  So here is my line-up of wines that I chose.  Can you tell me which wine(s) were the hit with him and an English Master of Wine who also shared the tasting my wines together?  (to be continued)

私が固執した『ものさし』は、ブドウ栽培とワインメーキングの両方を司る”ヴィニョロン”(仏語で、英語に訳すと”winegrower”となる)。人の作ったブドウを買って、自分の蔵でワインをつくるいわゆる「ワインメーカー」を選外とした。最初に浮かぶのが、リトライのオーナーのテッドレモン。バイオダイナミック製法で畑を耕したブドウでピノを作る職人だが、有名過ぎる。ということで、以下が私が選んだワイン。このうちのどのワインが最高の評価を得たと思われますか?ちなみに味わったのは同氏の他に、日本来訪中のイギリス人のマスターオブワインも一緒でした。(ワインの説明と答えは次回)

2011 Robert Biale Black Chicken Vineyard Zinfandel Napa Valley

2008 Arkenstone Sauvignon Blanc Howell Mountain Napa Valley

2011 Arnot Roberts Bugay Vineyard Cabernet Sauvignon Sonoma Valley

2012 Stephen Vivier Gap Crown Pinot Noir Sonoma Mountain

IMG_4605

 

 

 

 

Yuki Saito

斉藤ゆき

Diploma WSET, Certified Sommelier, Master of Wine Program
ワイン・コンサルタント 品評会審査員 ワイン・ライター

ニューヨークで金融キャリアを構築後、 生涯のパッションであるワインを、欧米のトップスクールで学び、日本人として希有な資格を数多く有するトッププロ。

ワイン教育の最高学府、Wine and Spirits Education Trust (WSET)の学位(レベル4最上位)をカリフォルニアで、上級資格(レベル3)をトップで本校(ロンドン)にて取得。更に、ソムリエ機関の世界的権威であるCourt of Master Sommeliers(ロンドン)の認定ソムリエ資格も有する。フランス留学は頻繁で、ボルドー、ブルゴーニュを始め、各地のワインスクールでフランス人と共に学ぶ。

現在は、サンフランシスコをベースに、ワインの顧問業務(日米)、連載記事の執筆と講演(日米)、品評会審査と視察(日欧米)を3本柱に活躍する傍ら、ワイン業界最高峰といわれるマスター・オブ・ワインのプログラムに所属し、MWを目指して切磋琢磨中。
0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です