カリフォルニアで日本人女性のワインブランドを立ち上げ中!

ワインライターとして、またビジネスコンサルタントとして、数多くのワインメーカーと関わってきて、決めていることがある。それは、私の力で少しでもお役に立てることがあれば、応援しようということ。勿論、無償だ。日本にカリフォルニアワインを紹介してきたが、これもワイナリーから一切金銭の授与はない。単に、紹介する価値のあるワインだと思ったものだけを、インポーターにつないでいる。そして今まで関わってきたのは、いずれも小さなワイナリーで、ワインメーカーは転職組みか、海外からアメリカにワイン造りに来た人ばかりだ。醸造現場は、若くて才能がある、力持ちの白人の世界だ。時々、日本人の醸造希望者に出会うが、彼らには是非アメリカで成功して欲しいと言って来た。 そんな時、日本人の友人から「カリフォルニアで日本人のブランドを立ち上げたいが、力を貸してくれないか」と打診された。

うーん。私は、もともと「日本人だから」とは「女だから」とかいう論理に冷淡で、「好きでアメリカに来たのなら、現地人のトップの間で勝負して、勝つべし!」という鉄則がある。「なんか、日本人同士が外国でくっついて、日本人相手の仕事をするのって、カッコわるーい!」なんて、内心思っているところがあった。(注:勿論、日本人にしかできない仕事は貴重です)とはいえ、いい年をして、「遊び心」がないわけじゃない。じゃあ、 自分たちでワインを造って、ブランドを立ち上げてみよっか?となった。

こうして3人の大和撫子で、立ち上げたのが「カリフォルニア ナデシコ ワインプロジェクト(仮称)」だ。私は、日米での広報とワイン教育を担当し、ワインメーキングにもかなり口を挟む。ぶどうを供給するのは、40年間ソノマヴァレーの中枢でワイン用ぶどう園を経営して来た中井夫妻。写真の通り、昨年9月の猛暑が訪れる前夜に、シャルドネを一緒に収穫した。美しいぶどうだった。ご夫人の貴子さんは、ご主人のNakai Vineyardワインを日本で販売している実績もあり、日本側の広報と事務会計を担当。そしてワインメーキングを担当するのが友人の平林園枝。当地カリフォルニア大学デービス校で醸造の学位を取得した後、ニュージーランドのKusuda Wineをはじめ、南米、米国を代表する最優良ワイナリー(リトライ、スティーヴ マサイアソン)で修行。もともと長野のリンゴ農家出身なので、畑作業にも精通しているナデシコだ。自分たちのワインを作る施設は、ナパのクラッシュパッド(ぶどうを持ち込み、自分のブランドをそこで作る賃貸施設)にした。私たちのプロジェクトを担当してくれるワインメーカーのトップ若山さんも日本人で、 まさに日本人のプロチームが集まってしまった。

このプロジェクトを立ち上げる際に、3人で同意したことがいくつかある。まず、最初に造るワインは、シャルドネ。スタイルはあくまでカリフォルニアらしく、しかも酸とフルーツのバランスの良いエレガント系(ナデシコ?)に仕立てたいこと。そしてなるべく手を加えないヨーロッパ方式で作ること。できたワインは、日本で紹介すること。顧客に対しては、できれば3人一緒に、説明兼試飲会を開きたいこと。そこで、ぶどうから瓶詰めまでの過程を、そしてこのワインに関して起きた様々なストーリーをシェアーしたいこと。などなど。

今、私たちの摘んだシャルドネはアルコール発酵を終え、13の樽で春の到来を待っている。つい先日も味見に行き、美しい成長を確認してきた。これから、正式なワインの名前やら、ラヴェルを決めていくが、「みんなのワイン」ならば、名前やデザインも公募しても良いのではないかと思っている。ご意見があればぜひ。(yuki@wisteriawine.com、 フェーフブックNadeshiko Winesまで)

Yuki Saito

斉藤ゆき

Diploma WSET, Certified Sommelier, Master of Wine Program
ワイン・コンサルタント 品評会審査員 ワイン・ライター

ニューヨークで金融キャリアを構築後、 生涯のパッションであるワインを、欧米のトップスクールで学び、日本人として希有な資格を数多く有するトッププロ。

ワイン教育の最高学府、Wine and Spirits Education Trust (WSET)の学位(レベル4最上位)をカリフォルニアで、上級資格(レベル3)をトップで本校(ロンドン)にて取得。更に、ソムリエ機関の世界的権威であるCourt of Master Sommeliers(ロンドン)の認定ソムリエ資格も有する。フランス留学は頻繁で、ボルドー、ブルゴーニュを始め、各地のワインスクールでフランス人と共に学ぶ。

現在は、サンフランシスコをベースに、ワインの顧問業務(日米)、連載記事の執筆と講演(日米)、品評会審査と視察(日欧米)を3本柱に活躍する傍ら、ワイン業界最高峰といわれるマスター・オブ・ワインのプログラムに所属し、MWを目指して切磋琢磨中。
0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA