ワインを買うのに、誰の意見を信用したら良いですか?

IMG_1091 ...

Read more

畑も蔵も保有せず。ヴァーチャル・ワイナリーの活躍。

IMG_1544
ハイテクの現代。オフィスを持たず自由な時間に好きな喫茶店にブラット入り、コンピューターとスマートフォンを使って、仕事をしている人をよく見かける。私の住むサンフランシスコ・ベイエリアはまさにITの中心地。打ち合わせや顧客とのミーティングもスタバでという土地柄だ。当然、市内にはヴァーチャル・ビジネスが溢れている。ヴァーチャル・ワイナリー(VW)もその一つだ。IMG_2871 ...

Read more

ワイン用と生食用の葡萄の、決定的な違いとは?

By / 28th 9月, 2016 / ワインの知識 / No Comments

image ...

Read more

ドイツではロボットが畑作業をし、アメリカではトランプ大統領がワイン業界を破綻に追い込む?!

image現在、ドイツに来ている。目的の一つは、醸造学、葡萄栽培分野で世界をリードするガイゼンハイム大学と、VDP(独を代表する優良ワイン生産者協会)共催のゼミナールに出席するためだ。ゼミのテーマは「葡萄農園におけるロボット活用」。imageワイン生産国はどこでも、農作業に従事する肉体労働者の確保に必死だ。ヨーロッパもアメリカと同じく、外国から来る季節労働者に頼って来たが、彼らの出身国である旧東ヨーロッパの経済発展にあいまって出稼ぎが減少し、ワイン生産者にプレッシャーを与えている。image ...

Read more

日本人は味覚 の説明ができない!?

By / 31st 8月, 2016 / ワインの知識 / No Comments

image ...

Read more

日本のワイン品評会を評価する

image ...

Read more

ドン・キホーテの故郷、ラマンチャを訪問する

image ...

Read more

イタリア最高峰スパークリングワインの生産地を訪ねる Visit to Franciacorta DOCG

image7月はミラノ郊外にある、『フランチャコールタ』という、大変ユニークなワイン地域を取材してきた。ここは、知る人ぞ知るイタリア最高級のスパークリングワイン(SP) の製造地である。すぐ隣のヴェネト州では、地場品種グレラを使って早飲み用に仕上げる、飲み易いプロセッコが大量生産されており、今では世界で最も売れているSPとなった。これに対してフランチャコールタは、シャンパンと同じく高級品種のシャルドネとピノ ノワールを限定地域に植樹し、製造もシャンペンと同じく、しっかり瓶内で2次発酵させることで繊細な泡を作り、最低18ヶ月にわたって、瓶熟成する。これは本家本元のシャンペンの最低規定期間の12ヶ月よりも長いことになる。 ...

Read more

シェリー酒発祥の地を訪ねる Visiting Jerez and Sanlacur

imageシェリー酒の取材で、スペイン最南西に位置するヘラス地域(Jerezはスペイン語でシェリーを意味する)に来ている。地図で見ると、イベリア半島の最西南。太平洋に面しているが、南の対岸には北アフリカが迫る。かつては海洋貿易で栄えた古都だが、現在ではスペイン国内で最も貧しい地域のひとつといわれている。とはいえ、シェリーワインの発祥地であり、今でも数世紀を経たボデガ(シェリーを醸造、保存する蔵)が町の中心に立ち並ぶ歴史と風情のある町並みだ。image
シェリー酒は、「酒精強化ワイン(fortified wine)」といわれるワインで、ワインと違うのは、アルコール度の高いリキュールを加える(酒精強化)ことで、40度以上にも達する暑いスペインの夏や、遠くイギリスや新世界にながい船旅をしていた時代に、スポイルしないという手当てをしていることだ。ポルトガルのマデイラや、イタリアのマルサラも、同じ類の酒だ。シェリーのユニークな風味は、地場でしか育たない「フロアー(flor)」と呼ばれるイースト菌の活躍による。 ...

Read more

Does grape taste like that wine? ブドウとワインって同じ味がする?

By / 27th 6月, 2016 / ワインの知識 / No Comments

よくこんな質問を受けます。実際、畑に出て木からブドウをもいで食べてみても、「これはカベルネ、こちらはメルロー」と明快に識別できることは稀です。勿論、熟練のブドウ農家であれば、葉や房の形状、色味などで区別できることはありますが、他人の畑に連れて行って、これはどの品種だ?と聞いても、躊躇することのほうが多いくらいです。自分の畑であれば、どこに列にどの品種を植えているのかは、配列ごとにきちんと管理されていますから。 やっかいなのは、同じ品種(ピノノワール)の中でも、何十とあるクローン(666、777などと呼ばれる)は、それぞれ性格や味わいが異なること。みかけも違えば、性質も違ってきます。例えて言えば、同じ日本人でも、北海道と沖縄の違いかな?IMG_5255 ...

Read more