バレンタインデーこそカリフォルニアのスパークリングワインを!

 

近年、質より値段がインフレ気味のフランス産のシャンパン。バレンタインデーで人気のロゼに至っては、色がついているだけでロゼの味わいが乏しく、しかも人気が先行して供給が追いつかず、値段は上がるばかり。

 

こういう非常識ワインは飛ばして、コスパも質も良いアメリカ産のスパークリングワイン(SP)で、「かんぱ〜い!」はいかが?

 

国産SP(特に質の高いカリフォルニア)は、世界的にもプロの目隠し試飲で毎回上位に入賞し、審査員に依っては「シャンパンと間違えてもおかしくない」とまで言わせる品質。それは、北限ぎりぎりでブドウを栽培する当たり外れの大きいシャンパン地方と違い、 製造者にして「カリフォルニアのスパークリングワインに悪いヴィンテージは無い!」とまで言わしめる恵まれた環境に依るもの。

 

最初の一押しは、 純国産メーカーの中から、 老舗のシュラムズバーグ。昔ながらの手作りシャンパン製法で、質の高いSPを作る代表格。ロゼは勿論、品揃えも豊富。他に国産のうち、評判が高いのは、アイアンホース, シェッフェンバーガー(NYタイムス紙推薦)のソノマブランドでしょう。

 

また、大手シャンパンハウスもカリフォルニアでSPを製造していますが、特にお薦めするのは2社。

 

まずは、クリスタルで有名なルイ ロデレール社の米国子会社(ローデラー エステート)のブリュット。スーパーでは20ドル以下で手に入りますが、柑橘類、ピーチ、リンゴといったフレッシュなフルーツが、キレのある酸味とともに口中に広がる絶品です。同社のプレスティージュ キュヴェ(最高級ブランド)のアルミタージュは、45ドルとは思えない、高級シャンパンの味わいと評価されています。

 

もう一社、テッタンジェ の子会社、ドメーン カーネロスは、素晴らしい景観を誇るシャトーが観光スポットとして有名ですが、地元カーネロス特産のシャルドネをベースにつくるSPは、キレがあり、品よくフルーティーで、

お値段も30ドル前後とフレンドリー。プレスティージュ キュヴェの『夢』(Le Reve)は、100ドルの高級品ですが、フランスのそれと比べて、全くひけをとりません。

 

さて、折角素晴らしいスパークリングワインを調達したので、もう一つの非常識を正しましょう。それはチョコレートとSP(或はシャンパン)は「相性が悪い」というペアリングの常識。ミルクチョコであろうと苦みのあるダークチョコであろうと、あの圧倒的な甘さと重さは、軽快でフルーティーな美しいワインを台無しにしてしまいます。

 

そこでペアリングの常識、「チョコレートにはデザートワイン!」です。プロの定番はポルトガルのポートワイン(特にルビーやヴィンテージーポート)ですが、その他にもオーストラリアのラザグレンなどお値段も手頃な10ドル台のデザートワインを是非お試し下さい。(注:この記事は筆者が毎月連載している「ワインの常識、非常識」(US   Frontlineの2月号に掲載されたもの)を転用しています。)

生姜焼きにどんなワインを合わせようかな〜 (その2)

まず、生姜焼きといえば、最初に思い浮かぶ白ワインのペアリングは、香味に強いアルザスの白ワインです。ゲワーツトラミナール、リースリングなど冷やしてペアリングしたらお互いのスパイシーな特徴を引き出しそう!でも、これは中華料理の更に味の強い料理に取っておきましょう。

 ということで、今回ペアリングに選んだのは、白はフランスロワール地方のブーブレイ(ブドウはシャノンブラン)。そもそもシャノンブランというブドウは、守備範囲が広くシーフードも白身の肉にも良く合います。この上品に仕上げた豚の生姜焼きには、思った通りぴったり合いました。試しに合わないと思った白(ソービニオンブランやイタリアのソアベ)など、酸味の強いフルーティーなワインをペアしましたが、やはりお互いの悪いところ、苦みが増したり、して全く合いませんでしたよ。

 赤ワインでは2つ合うと思われるものを用意しました。まずは、ソノマコースト(優良なピノノワールとシャルドネで有名ですね)のピノロワールと、同じくソノマコーストのシラーです。ソノマコーストのピノノワールは、本家本元のブルゴーニュと比べて、フルーティ、スパイシーなのが魅力で、酸味も腰もしっかりしており、香味野菜のくせも、オイルを使った多少Fattyな豚料理の油もうまく中和し、お互いのスパイシーさを引き出して料理もワインも更に味わいが深くなりました。

また、ソノマコーストのシラーは、同じカリフォルニアのフルーティーで濃厚なシラー(例えばパスロブレスなど南の)と、世界最高峰と言われる南仏ローヌの硬派で野性味のあるシラーの中間位に位置しており、適度なスパイスと凝縮したフルーツが、癖のあるこの料理の味を引き立ててくれました。

勿論他にも色々なワインが思い浮かびますが、きりがないので今夜はこの3本で締めくくります。

 

勿論、この料理にあうワインは、まだまだ限りなくありそうですが、カロリーが心配なので今夜はこのくらいにしておきましょ。以下が今回飲んだワインです。

 Marc Bredit      2008    Vouvray           Loire France

Adrian Fog       2007    Pinot Noir        Mendoino County  Oppenlander Vineyard

Neyers             2008    Syrah               Sonoma Coast

Blankiet Estate ブランキエ エステートは一押しワイナリー!

ブランキエ エステートのセカンド レベル 『プリンス オブ ハーツ』

先日(1月6日)アップロードしたパーカー氏のナパワイン記事(http://www.erobertparker.com/members/winedata/articles/article687.asp)中に、「ボルドーのスーパーセカンドワイン」にちなみ、ナパのスーパーセカンドワイン(一流のワイナリーが出す、セコンド レベル)を紹介。その中でも、Blankiet Estate (ブランキエ エステート = BE)は、以前からオーナー及びエステートを何度も訪問している「齋藤 ゆき推奨先」つまりは、ウィステリアワイン銘柄でもあります。

詳細は後日、推奨先案内を発行する際に譲りますが、BEのワインはロバート パーカー氏が絶賛し、2000年から現在に至る迄、95〜98点という驚異的なスコアーを、維持しています。また、昨年より後継者となったアントニオ ガローニ氏は新しいヴィンテージを試飲した後に、同じく98点を供与しました。これらはBEのボルドースタイルの赤ワイン、パラダイス ヒルズ ヴィンヤード(Paradise Hills Vineyard)に付けられた評価です。

BEを訪問し、試飲をする度にオーナーのクロード ブランキエ氏が、「これは自分たちで飲む為に作ったロゼで、売っては居ないのだけれど」と注いで下さるロゼが、余りもおいしいので、「これを売らない手はありませんよ。これは絶対売れます!」といって、熱心にお勧めしたことがあります。このボトルに張ってあったレッテル(レベル)が「Prince of Hearts」。そしてこれがBEのセカンドワインになりました。 (尤も、このロゼは未だに生産量がかなり少ないので、今回のスーパーセカンド扱いは、赤ワインに限られたようですが)。

私のお蔵には、BEのファーストワインである Paradise Hills Vineyardも、セカンドレベルである Prince of Heartsの赤もロゼもしっかりと並んでおり、家を訪れるワイン好きの友人に好評を博しています。

ちなみに、ウィステリア ヒロも、ここのワインを買い込んでいることから、近々皆様にもファースト、セカンド両レベルをご案内出来る日も、そう遠くはないかと思っています。

 

 

 

ナパのカベルネにとって2010年は最高の年!

ご存知ロバート パーカー氏が同氏のサイト、 http://www.erobertparker.com/members/winedata/articles/article687.aspにて2010年のナパのカベルネの出来を評価。同氏によると、涼しい気候が続いた10年の収穫年は、数年を経て更にワインの熟成が進む素晴らしい出来映えとの事。すぐに開けて飲みたい向きもありましょうが、ここは数本買い込んで、向こう4〜5年後にゆっくりと味わう事をお薦めします。

ナパのキャブ(カベルネ ソーヴィニヨン)といえば、前年9年のヴィンテージが素晴らしく、10年はその上をいくと期待されている折りから、買い溜める気配が有るかもしれません。

尚、直近の12年の収穫は、ナパ(カリフォルニア)の一人勝ちと言われる位、ヨーロッパ全土が天候不順で大変な打撃を受け、生産量が激減。翻ってここカリフォルニアは、素晴らしい気候に恵まれ、この年も高品質な出来映えが期待されています。

まずは、パーカー氏が8年から11年の間では10年は最高の出来映え!と絶賛するナパのキャブをお楽しみ下さい。

年末の乾杯はこれで決まり!

華やかなクリスマスからお正月にかけての年末に、皆さんは何をお飲みになっていらっしゃいますか?シャンパン?ビール?それとも、日本酒でしょうか?

 

では、今年は目先を変えて、とってもおいしいカリフォルニアのスパークリングワインはいかがでしょう?

 

カリフォルニアでは米国地場メーカーに加え、フランス最大手のシャンパンハウス(モエ テ シャンドン)や、スペインの最大手のカバ メーカー(フレッシュネット)の子会社などが、素晴らしい発泡酒を、作っているのはご存知ですか?

 

しかも、フランスのシャンパンに比べても、引けを取らない上質なものが多々有りますが、お値段はかなりお得なのです。

 

例えば「クリスタル」で有名なローデラー社がロシアンバレー(ソノマ)で作っているローデラーエステート(子会社名)の「ブリュット」は、スーパーなどで20ドルくらいで買えますが、その質はプロのブラインド テイスティングで常にトップの評価を受けます。柑橘類だけではなく、ピーチやリンゴなどのフレッシュなフルーツが、キレのある酸味とともに口中に広がる絶品ですが、同社のプレスティージュ キュヴェ(自社の最高級ブランド)のアルミタージュ (Hermitage) は、45ドルとは思えない、高級シャンパンの味わいです。

 

また、フランス テッタンジェ(Taitiger)の子会社、ドメーン カーネロスの作る様々なスパークリングワインは、どれもとても品が良いフルーティさで、やはり20ドル台から購入出来ます。ここのプレスティージュ キュヴェの『夢』(Le Reve)は、100ドル位の高級品ですが、フランスのそれと比べて、全くひけをとりません。

 

外国資本ではなく、昔からシャンパン製法できちんと質の高いスパークリングワインを作っている代表格は、ナパのシュラムズバーグでしょう。生産量が少なく、今でも手作りで丁寧に作るその発泡酒は、ホワイトハウスの晩餐会でも愛用されています。こちらも、20ドル台から始まり、他社と同じく最高級のブランドは100ドルを超え、その繊細な泡と深い味わいは、プロをして「フランスのシャンパン!」と間違えてしまいます。

 

また、格安感のあるカヴァ(スペインの発泡酒)ですが、フレッシュネットの米国子会社は、グロリア フェレー(フェレー家はフレッシュネットのオーナー一族)と名付けられ、こちらは上記他社に比べて、更に割安な発泡酒を出しています。

 

その他にも、モエ テ シャンドンの米国子会社であるシャンドンや、ソノマの地場メーカーのアイアン ホースやJヴィンヤーズなどは、スーパーでとても手頃に手に入る有り難いブランドです。

 

ということで、是非年末年始はカリフォルニアの泡物をお試し有れ!

パリの審判(Judgement of Paris)

ワインが、また一部の「ワイン通」 に牛耳られていたのは、欧米ではせいぜい90年代頃まででしょうか? それまでワインと言えばフランス!しかもボルドーとブルゴーニュばかりが偏重されており、まるで現在のアジアのどこかの国のようでした。

 

これに風穴を開けたのが、76年の『パリの審判!』(Judgement of Paris))でした。当時無名だったカリフォルニア(ナパ)のワインが、並みいる フランスの最高シャトーを凌駕して、赤、白ともに最優秀賞に選ばれたばかりではなく、上位を総なめしたのでした。

 

この「事件」はその後、色々な批判(フランス国内)と波紋(全世界)を広げますが、歴史として振り返ってみれば、3つの大きな流れを生み出したと言えるでしょう。

 

まず、ナパワインが世界のワイン地図 に於いて、その後の継続的な品質向上により、フランスワインと並ぶ世界最高峰の地位を確保した事。これは、カリフォルニアワインの市場価格と、フランスのグランクリューの値段と比較しても明らかです。

 

そして、第二の功罪は、ワインの新興国に与えた影響。カリフォルニアの成功に触発され、オーストラリアを始めとする各国が、従来のフランスだけではなく、新しい世界で開発されたテクノロジーやノウハウを吸収。自国のワインの質を大幅に向上しました。結果、今日では『新世界』のワインは、旧世界(ヨーロッパ)と質、量ともに肩を並べています。

 

最後に本家のフランスで起こった喜ぶべき現象。それまでフランスでは、「テロワール」「伝統」を錦の御旗に、何世紀と踏襲して来たワイン作りの手法を頑固に守って来ていました。が、それは同時に 人間の進歩とともに分かって来た「常識」を見直さず、結果様々な問題を抱えていたのでした。

 

フランスのワインメーカーの中には、新世界の革命に謙虚に学び、新しいテクノロジーを取り入れて、質を向上したシャトーも多く、更に何かと不自由で制約の多いフランスでのワイン作りを見限り、 アメリカ、オーストラリアなどの新世界で、自分の作りたいワインを追求するワインメーカーやシャトーが増えています。

 

現在では、世界各地で素晴らしいワインが作られています。しかも、各国のワインメーカーが新しい国でワイン作りをするということが、当たり前になっている現在、ニュージーランドやオレゴンのピノ ノワールが、 ブルゴーニュのグランクリュと間違えられたりと、プロでさえ見分けがつかない優良ワインが、格安で手に入る嬉しい状況になりました。

 

もうワイン通に頼らずとも、消費者の皆さんが、色々な国の ワインを気軽に試され、自分の好みを知った上で、ワインの価値(値段と味)を追求出来る、素晴らしい時代になっています。

 

 

カリフォルニアワインの魅力

アメリカのワイン、その中でも特に秀逸な土壌と天候に恵まれた西海岸(カリフォルニア、オレゴン、ワシントン州に集約)で作られるワインが、世界のワイン業界の注目を集めています。

 カリフォルニアのナパバレーは、今では伝説となった70年代のパリのワイン品評会で、フランスを代表するシャトーを凌駕し、華々しく世界の舞台にデビューして以来、世界的な名声が確立されました。その他にも、ソノマ バレー、モンテレー、サンタ バーバラ近郊のAVA(アメリカ政府認定済みのワイン生産地域)など、カリフォルニアには世界のワイン地図に表記されている地域が目白押しです。

 カリフォルニアワインの魅力は、何と言っても誰にでも分かる「美味しさ」にあります。今回は、ワイン通やコレクターがこぞって買い求める高級ワインではなく、誰でも普通のお店で買える手頃なお値段のワインのお話をしましょう。

 例えば日本で歴史的にも人気のあるフランスワインと、比べてみます。とりあえず1,500 円から 3,000円台のワインを想定しましょう。

 典型的なフランスワインであれば、このお値段の味はフランスワインを飲みなれていない方には「渋い、酸っぱい、固い」という印象を残すようです。勿論良い作り手のものは、このお値段でも、中期の熟成が期待され、何年か自宅で寝かしておくと、飲み頃を迎える物もあります。しかしながら、ワイン通でない限り、作り手及び製造年度をリサーチ、理解して、こういったワインを買い求めるという習慣は、あまりありませんよね。

こういう「典型的な」フランスワインの他に、最近フランスなどから「アメリカ ワインっぽい」ワインが、輸出されています。これは、フランスや、ヨーロッパのワイン製造者が、アメリカやオーストラリアの世界的な人気にあやかろうと、意識して「新世界のワインのような」ワインを輸出用に作っているからです。が、残念な事に、ヨーロッパ通に取っては、こういうワインは邪道でしょうし、新世界のワイン通にとっては、味も少し中途半端かもしれません。

 翻って、アメリカのワインであればこのお値段で、とても美味しいワインが、よりどりみどりとなります。それはアメリカの文化、或はアメリカ人の商品に対する考え方の反映といえるでしょう。

アメリカ人は、購入したい物が「簡単に」手に入り、そして品質が「均一」、つまり当たり外れがないことを要求します。マクドナルトやコカコーラなどが良い例でしょう。 故にアメリカ人は、どんな世界の果てにいても、安心してマクドナルドのハンバーガーを頬張り、コカコーラを飲む事が出来ます。

ワインも「小難しい理屈」を知るより、要は「いつもおいしいか?」このラベルのワインならこういう味という、飲む手の期待が、実現出来るかということです。

ですから、長期醸造用の高価なワインも並外れて素晴らしいアメリカですが、毎日飲むワインは、とてもジューシーで、デキャンタなどの手間をかけずに、おいしく飲める!という訳です。

まずお試し頂きたいのは、白であればシャルドネ、赤であればカベルネ ソーヴィニョンや ジンファンデルでしょう。シャルドネは、お日様を十分浴びた柑橘類やエキゾチックで完熟したフルーツの味わい、更にはバニラの香りが混ざってとてもジューシーです。カベルネやジンファンデルであれば、口当たりが良く、ブラックベリーやラズベリーなど黒や赤のドライフルーツのまったりさと、ココアやコーヒーの風味に混ざって、ほんのりと甘みさえ感じる仕上がりになっているはずです。

 試しに、同じお値段のフランスワインと一緒に飲み比べると、その違いがよく分かるはずです。ご感想をお待ちしております。

ソノマで実現したペトリュス風格のワイン

Miracle wine maker といわれるピエール セイヤン(Pierre Seillan)氏と

アメリカのワイン業界には、巨匠が多々おりますが、ソノマ ヴァレーでケンドール ジャクソン (Kendall Jackson)というアメリカでも有数のワイナリーを起こし、大成功させた ジェス ジャクソン氏もその一人。最近他界された同氏が、晩年になって実現したご自身の夢は<最高のカリフォルニアのテロワールで、ボルドーを凌駕するワインを作りたい>というもの。

フランスの或るイヴェントで知り合った現地のワインメーカー、ピエール セイヤン氏も同じ夢を持ち、その場で意気投合。ジャクソン氏は、その為に立ち上げたヴェリテ(Verite)というブティックワイナリーにセイヤン氏を招聘し、ソノマの理想的なテロワールを探索。そしてある日二人が見つけた理想郷を前にして、こんな問答があったそうです。

ジャクソン氏 「どうだ、ここでペトリュスのようなワインを作れるか?」
セイヤン氏  「いや、もっと凄いのが出来るだろう」  と。

その言葉通り、1998年の最初のヴィンテージから現在に至るまで、ヴェリテのワインは、あの辛口のロバートパーカー氏から、毎年必ず脅威的な高得点を得ています。その中でも百点満点というワインを7回も実現し、しかも99点98点という非常に高い得点がかなり多く、この10年間の平均スコアは何と96.2点!! この数字の凄さは、フランスの最高位のシャトーと比較すれば、歴然です。

また、パーカーポイントだけではなく、米国そして日本でも、ブラインドテイスティングを行った際に、同時に試飲されたベトリュスを凌駕して、ヴェリテのワインがより高く評価されたという記録があります。しかしながら、ペトリュスのワインは一本数十万円しますが、このヴェリテのワインはその10分の1位の値段で買うことが出来ます。また、アメリカのワインには珍しく、ヴェリテのワインは長期熟成タイプで、30〜50年の熟成が可能です。

ヴェリテについては、後日その素晴らしい各種ワインも含めて、改めてご紹介しましょう。

カリフォルニアワインの優越

カリフォルニアワインの優越!

 

色々な人からプロとしてよく聞かれるのは、<ゆきさんの一番好きなワインは何ですか?>という質問。ワインを知れば知るほど、一番難しいのがこの答えです。

 

ニューヨークで30年以上ワインを飲み続けて育った?私は、ワインに関して言えば、米語で言うところの<Continental taste> 即ち<ヨーロッパ好み>です。これは、地理的にも文化的にもヨーロッパに近く、国内流通の限られたカリフォルニアワインよりも、ヨーロッパ物が安く手に入るという事情もあります。

 

 

また、金融業界出身の私は、 ミッシェランの星付きフレンチやイタリアンレストランで頻繁に接待する機会が多かったので、ワインも必然的にヨーロッパ物を開けるというのが、定番でした。まだ、NYもバブっていましたしね。

 

しかしながら、アメリカに住んでいながら、国内産の素晴らしいワインを楽しまない手はありませんよね。ということで、限られていたとはいえ、NYで手に入る素晴らしいカリフォルニアワインに惹かれ、毎年わざわざナパバレー通いをしては、地元限定版のワインをどさっ!とNYの自宅に宅配し、友人を招いて試飲会を楽しんでいましたね。

 

という訳で、私はフランス、イタリア、スペインの、食事と一緒に頂くためのワインが好きです。でも、カクテルとしても楽しめるどっしりしてデリシャスなカリフォルニアワインは絶対捨てがたい。

 

とはいえ、近年とみに感じるのは、ボルドー、ブルゴーニュなどフランスワインの異常な値段の高騰(何故?と思うでしょう。後日の記事で説明しますね)、ワインの質のブレ、そして 、飲める状態になるまで長〜い間待つ不便さ(昨夜なんて、デキャンタ <*注1>して5時間も待って、やっと飲めたフランスワインに苛つきましたね)。これって、いくらなんでも時代遅れじゃないかしら?

 

翻って、アメリカ産のワインの多くが、未だに<口当たりが良くフルーティー>式の、万人受けするイージーでレイジーな<カクテルワイン>に留まり、一部の超優良ワインとの差は広がるばかり….. 折角ヨーロッパに比肩するテロワール (ワインに不可欠な土壌や環境)がありながら、勿体ない!と思っていたのでした。

 

ところが!です。有ったんです。理想のワイン達が!

 

それは、数年前に世界的なワイン地域に住むために、サンフランシスコに引っ越してきたところから、始まります。以来、毎週ナパは勿論、素晴らしいワイナリーが林立するソノマ、新興の優良ワイナリーが立ち並ぶモンテレーやパソロブレスに通い続けて、発見、目撃して来たいわばカリフォルニアのワイン再革命。

 

一言で言えば、フランスを始めとするヨーロッパと、カリフォルニアの双方の最高の部分だけをとった<いいとこ取りワイン>が、静かにそしてかなりの範囲で作られているという事実。

 

そしてそういう最高のカリフォルニアワインを、ご紹介する為に、これからシリーズでお届けします。題して<カリフォルニアワインの優越!>

 

カリフォルニアには、そしてアメリカには、如何に素晴らしいワインメーカーがひしめいており、彼らがどんなにすごいワインを作っているのか。インタアビュー、そして試飲を通して、一緒に体験していきましょう。きっと、カリフォルニアワインのすごさが、分かって頂けると思いますよ。

 

 

<注1>  デカンタというのは、ワインを瓶から、別の空の瓶(デカンターというワイン専用の瓶です)に移すことを言います。年季の入った古いワインの澱を取り除く為に、或は若くてタニンのきつい渋いワインや、冬眠状態に入っている固いワインを飲みやすくする為に、行います。詳しくは、私の連載シリーズ<ワインの作法> ワインのおいしい飲み方で、追ってお説明致します。