Behind the global success of rose wines — the key factors

Rose wine, made principally from black grapes via short maceration or saignee, has outpaced growth of total still wine sales for the past decade.  OIV figures indicate that the global rose sales have increased 20% over 0.9% gain in total wine between 2002 and 2014.  Rapid growth is expected to sustain in 2017 and beyond, based on the strong global demand and matching production capabilities, according to OIV and Vins de Provence.  To quality the claim, one needs to review the key success factors such as rose’s versatility, approachability, production flexibility, universalization in addition to its strong seasonality, and premiumization, starting from its most successful country, France.

French consumption of rose centered traditionally in the south where 30% of global rose production and hot summers invite locals and tourists alike to drink lots of them.  Rose is also widely sold in supermarkets all over France at very low unit prices of 2-5 euros as everyday drink.  While French wine consumption has steadily declined, rose consumption went up 43% since 2002 and currently occupies over 30% of the wine sales.  The key factor was unpretentious and casual charm of rose wine which attracted the young consumers, particularly women.  They found rose as an attractive alternative to beer and cocktail.  Rose based cocktails also became popular which helped entry of non-wine drinkers as well.  Recent hot summers in France also helped generate large sales.  As a result, French thirst for rose jumped to 8.1mhl in 2014 which was more than the domestic production capability of 7.6mhl; while France is the world’s largest rose producer and consumer, she became the world’s largest importer of rose wine.

 

Rose’s success resembles that of Campagne’s when one considers its strong seasonality and the following universalization of drinking occasions.  As a hot summer drink, it is well established in countries such as Tunisia and Urguay where 50% of wine consumption is rose.  Its pink color, associated with the color of ‘love’ has positioned itself as the Valentines Day wine in the UK when the sales peak during February according to Harpers Wine & Spirits.  Recent Instagram craze over rose pictures, due to its many pretty shades, and the following active exchanges among non-wine drinkers suggest a boom from a different angles … by social media.  The best example, however, of making rose to evey day drink from summer vacation memory is in the US, where off dry blush zinfandel used to be the most popular rose wine.

 

The quiet boom began in the Hamptons, a New Yorker’s weekend escape during summer months.  New Yorkers are known to favor European wines over the domestic, given the proximity to the Continent and their pride as the bastian of sophistication.  Naturally in the Hamptons, the most popular summer wine became that from Provence.  But the story did not end there; as New Yorkers settled back in the city after summer, many continued to drink rose as they found it highly food friendly and versatile.  Sommeliers in New York City caught up the buzz and the fad began.  Another success factor was the entrance of unexpected consumers, young male population who claimed rose as men’s drink and promote such in multi-media.  Those are the consumers who lifted craft beer movement in the US and by the same fashion, they promoted rose as beer of wine and called it “brose”.  The New York originated dry Provence rose craze soon spread into major cities; by 2014 the US became the world’s second largest rose consumer where almost 50% drinkers are male.

 

The spread of dry French rose in the US helped elevate rose as the premium wine.  Compared to blush Zinfandel sold around US$5-12 at the bottom shelves in supermarket, Provence rose is marketed as the prmium wine in evey super market and wine retail stores for US$15-25.  Unlike France, winemakers in the US are not constrained by wine regulation and that they can produce rose from any varieties and anywhere.  Savvy wineries soon caught up with the ‘dry style’ rose production of quality and are able to sell them at the middle and upper shelves and in the “featured” isles along with French rose in the national supermarkets, commanding the same price ranges.  The timing also worked well as US consumers are upgrading the wine budget to the category over $10 and $20+.  In the $5-9.99 category where off dry rose is sold, mass producers such as E. J. Gallo and Sutter Homes are consolidating the market share by offering dry style rose as well.  The two countries who realized the rose growth, France ad the US, consume 50% of global consumption.

 

Another possible success factor going forward is climate change, versatility and social media.  As global warming continues, consumers will more likely be drinking fresh easy wine such as rose over red or oaked white wines.  Brazil and Argentina whose rose consumption is increasing can be major rose consumers.  Rose’s versatility for food pairing should also help it drink at barbecue and in outdoors.  As many regions may suffer from weather variation, black grapes can always be harvested early in case of cool/rainy vintage, or in hot spikes in warm regions, and made into rose.  Rose can generate quick cash flows as white but may generate higher margins than white by the higher unit pricing.  Social media can also elevate young consumers’ curiocity of the rose wine, whether as ‘brose’, cocktail base, or simply pretty-colored wine.  Rose’s wide range of styles and price points will be a great entry for non-wine drinkers in NW countries.

 

Rose’s global success have many facets of factors; its versatility, production flexibility, food friendliness, freshness, wide range of price points and the pretty shades of colors.  The promotion of rose was multi-faceted by Millennials, male population, social medias and by the producers who responded to the growing demand timely.  It caught the great wave of premiumization in the US and expanded consuming population beyond the traditional in the global market.  With positive factors in place, its popularity looks solid g

良質でリーズナブルなカリフォルニアワインを探す

カリフォルニアワインの質と評価が、世界的に認知されたのは喜ばしい。しかしながら、高騰し続けるワインの値段が悩ましい。 そんな中で、高品質を保ちつつ、値段をリーズナブルに抑えたワイナリーを探し、日本に紹介する仕事をしている。こちらのメガネにかなったワインを見つけると、オーナーやワインメーカーを訪問し、ヒアリングをする。その上で、彼らに相応しい日本でのパートナーを確保し、輸出する道筋をつけてあげるのだ。

選ぶ基準は、 単一品種(シャルドネ、ピノノワールなど)であれば、ブドウの個性とテロワールがしっかり表現されたもの、ブレンドワインなら、作り手の個性とバランスが良いものを探している。大手有名メーカーや、カルトワインという法外に高いワインは敬遠し、ワインの好きな人が、気軽にそして頻繁に楽しめるワインが私のテーマだ。結局、小規模及び家族経営の、手作り感のある作り手が多くなる。個人的には、エレガントでヨーロッパ的な「カリフォルニアワイン」を好むが、フルーティーでどっしりとしたワインのニーズも根強いため、幅広いスタイルを紹介している。 そんなワインを、少しずつ紹介していこうと思う。

初回は、<strong>Von Holt Wines (ヴォンホールト)</strong>という サンフランシスコ市内にある小さなワイナリー。夫婦がリタイアした後、立ち上げた。クリス(Chris)は元シークレットサービス、パム(Pam)は元ダンサーという変わった経歴の持ち主だが、ワインにかける情熱は本物だ。そのワインを手掛けるのは、John Fonesという元弁護士の醸造責任者だ。3人に共通するのは、ブルガンディー(ピノノワール、シャルドネ)とローヌ(ヴィオニエ、シラー)品種を愛し、適度に高い酸味と果実味のバランスの良い、デリケートなワインを好むこと。ブドウはソノマバレーの中でも、冷厳な一等畑から 買い付けている。 彼らのワインに出会ったのは、数年前に出席した Family Winemakers of Californiaの試飲イヴェント。当時、某企業の顧問として、日本でのワインクラブの立ち上げに関与しており、質の高いシャルドネを探していた。数百の零細(家族経営)ワイナリーが出店している中で、ヴォンホールトのワインは別格だった。値段を聞くと、小売価格で$38という。高名な$65以上の ワインと比べても、全く引けを取らない質だ。しかも、大手企業やスーパーマーケットブランドの濾過ワイン(磨きすぎて、色ばかりキラキラしている大味ワイン)と違い、フィルターをかけない正真正銘の手作りワインだ。

数日後、SFで彼らのワイナリーを訪問し、改めて味と質を確認した。ワインメーカーのジョンとも会い、ワイン造りの手法と考え方を聞いた。以来頻繁に蔵に通い、彼らのワイン造りを見守るとともに、新しいヴィンテージを試飲してきた。ぶれない味というのは、大切な要素だからだ。ソノマから収穫したブドウが到着する日には、ワイナリーに足を運び、運搬されたブドウの質を確認。彼らの丁寧な選別作業にも立ち会った。こういう時間を共有しながら3人の人となりと、日本に進出する夢が本物か、自分なりに観察してきた。そして、彼らの作るワインを順次日本に紹介している。今回紹介するワインは、アメリカでは直接Vonholtwines.com のウェブサイトで購入できる。ちなみにピノノワール、シャルドネはWine Enthusiastの90点台の高得点の他に、日本の国際ワイン品評会(<a href=”http://www.sakuraaward.com/jp/result/2017.html”>Sakura Japan Women’s Wine Awards 2017</a>)ではそれぞれダブルゴールド、シルバーに輝いた。ワインメーカーのJohn Fonesの個別銘柄のホワイトブレンド(Cellars 33 The Betty 2015)も同品評会でゴールドを受賞し、その質の高さが認められた。尚、<strong>Cellars33 (セラーズ33)</strong>のワイン(https://www.cellars33.com)も日本市場に紹介を始めた。

Von Holt Winesの推奨ワインとアメリカでの価格は以下のとおり。Suacchi Piot Noir $44 (ダブルゴールド), Sonoma Coast Piot Noir $35, Heintz Family Chardonnay $35(シルバー。白ワインだが、無濾過ワインなのでデカンタを勧める)Viognier Tera Alta Vineyard $25(日本食と寿司の相性が抜群)Syrah Halcon Vineyard $30(来月公開)各種の辛口ロゼ$20

また、Cellars 33お勧めワインはローヌ品種のブレンドも美味しいThe Betty White Wine$26 (ゴールド) ロゼ$20、及び各種ピノノワール$33~$42

(これらのワインの日本でのご購入は <a href=”mailto:info@fcellars.com”>info@fcellars.com</a> へコンタクト下さい。)

どうしてコルギンやピーターマイケルのアルコール度数は特に高いのか?

ワインのアルコールってどのくらい高い?と聞かれて、答えられる人は少ないかもしれない。スタイルによるが、5度程度から16度くらいまで様々だ。かつて20世紀に作られたワインなら、涼しいヨーロッパで12-12.5%程度、暖かいカリフォルニアでも13-13.5%と、今に比べてかなり低かった。ところが 今世紀に入ってからというもの、世界的にアルコール度数が上昇し続け 、今では新世界(加州、豪州など)のカベルネやシラーズなら14.5-15.5%なんて当たり前、あのボルドーワインでさえ14-14.5%という時代になった。理屈はこうだ。

 

果実酒(ワイン)のアルコール度数は、材料(ブドウ)の糖分の高低と比例する。要は甘い(糖分の高い)ブドウならアルコール発酵が活発で、高いアルコールを醸造できるわけだ。寒い地域の未成熟のブドウを使えば、その逆になる。だから、フランスやドイツのような寒い国では、ブドウに砂糖を加えて、アルコール発酵を促してきた。 ところがここ数十年、地球温暖化に加速がかかり、ヨーロッパの気温が上昇し続けた結果、ブドウが完熟するようになり、 まるで新世界のようなフルーティーなワインが蔓延するようになった。当然、アルコール度も上昇している。

 

もう一つ の理由に、ブドウ栽培技術の飛躍的な発展がある。 ブドウの樹や土中の、水分や栄養素をモニターし、タイミングを合わせてビタミン入りの灌漑用水を撒いたり、光合成が十分行き届く植樹管理を行うことで、まんべんのないブドウの完熟を確保できるようになった。更に拍車をかけたのが 「ビッグワイン」の流行だ。90年代からアメリカで始まった「どっしりとフルーティーで、アルコールが高い」ビッグワインは、影響力の強い評論家の押しもあり、世界中で流行してしまった。その結果、 十分甘いブドウができる温暖な地域でも、更に糖分を凝縮しようと収穫を遅らせた。こうしてできたブドウは、水分が飛んでレーズン状態になっており、もったりと味が濃く、そのまま醸造すると15.5-16.5%の高アルコールワインになってしまう。

 

さて困った。どこの国税庁でも、アルコール度数と税率の比例メトリックスは一緒で、米国の場合、アルコール度が14%を超えると、生産者に課される税金はワイン一本につきプラス50セント加算される。1万本しか作らない少数生産者でも、ましてや大企業ならその痛手は十分理解できる。そこでワイナリーでは、アルコール度数を飛ばす様々な装置や手段の登場となった。しかも糖分が高いブドウは、当然酸が落ちすぎているので、今度は酸を追加する羽目になる。醸造の理論を知らない素人が、「砂糖を足すフランス、酸を足すアメリカ」などと揶揄するが、砂糖を足すのはアルコール度数の調整のため、酸を足すのは黴菌管理で、甘くするためでも、酸っぱくするためでもない。(最も、味を変えるために加糖、加酸をする醸造家も多々存在するが、これは別の機会に。)

 

こういう「人工的な」醸造エンジニアリングに対する批判は、年々上がっている。本家本元と言われるカリフォルニアやオーストラリアでは、この反動もあって、近年はかつてのヨーロッパのような「エレガントでフレッシュ」、アルコール度が低いワインが台頭してきている。作り手はかつてヨーロッパで醸造を学んだベテランや若手が中心だ。プロの間での評判は高く、かくいう筆者もこういう作り手のワインを好む。とはいえ、どっしり系のいわゆるカルトワイン(ナパの最高級カベルネを少数生産する最高級ワイン)でも、美しいワインはある。(が、値段が高すぎる)。ワインのラベルにはアルコール%の表示が義務付けられているが上記のような理由もあり、あまり信用していない。信用できるのは自分の味覚だ。

 

話の最後に、最近訪れたナパ最高級の(品質と値段)ワイナリーでのお話。3件とも世界的に有名なワイナリーだが、ラベルを見ると15.5%-16%というアルコール度数。思わずニヤッとすると、案内役が「うちは正直にアルコール度を書いているんですよ」とのこと。その心は?「一本450ドルのワインなら、50セントのペナルティーを払うなんて、なんともない!」

 

 

畑も蔵も保有せず。ヴァーチャル・ワイナリーの活躍。

IMG_1544
ハイテクの現代。オフィスを持たず自由な時間に好きな喫茶店にブラット入り、コンピューターとスマートフォンを使って、仕事をしている人をよく見かける。私の住むサンフランシスコ・ベイエリアはまさにITの中心地。打ち合わせや顧客とのミーティングもスタバでという土地柄だ。当然、市内にはヴァーチャル・ビジネスが溢れている。ヴァーチャル・ワイナリー(VW)もその一つだ。IMG_2871

 

VWとは、ぶどう畑も、醸造所も持たず、農家やスポットマーケットでぶどうを調達して、他人の蔵でワインを作るというビジネス・モデルだ。業態も様々だが、自分のワインを作りたいが、数千万から数億円という設立資金ができないため、VWを選ぶというケースが主流だ。彼らの大半は若く才能に溢れた醸造者か、自分のワインブランドを作るのが夢だというワイン狂だ。ここで区別しておきたいのは、単にお金を出してカタログでワインを選び、プロにワインを作ってもらう「自分のワインを作りませんか?」的な趣味ワインとは違う。彼らは真剣にワインビジネスに取り組み、それで生活をたてたいと願うワインのプロだ。

img_8046

VWのメリットは、大きい。第一に年に一度しか使わない醸造設備や、頻繁なメンテ、アップグレードに資金を貼り付ける代わりに、ワインの売り上げを、そのまま翌年のぶどう資金に充てる。ワインは、 インターネットで直売するのが大半だ。流通業者を通せば手間賃を抜かれ、手元に残るキャッシュが減る。第二のメリットはその機動力であろうか。例えば、ワインの増産や、違う品種のぶどうでワインを作ろうという時、購入するぶどうのオーダーを変え、クラッシュ・パッド(共同で使う醸造所)で使う頻度などを調整すれば良い。この点、 通常のワイナリーであれば、まず新たな設備投資をしてキャパを増やす必要がある。自社ぶどう園を経営していれば、新品種への植え替えをしてからワインを作るまでに軽く5年はかかる。その間に消費者の嗜好は、違うスタイルのワインに行ってしまうことがままある。

デメリットはメリットの裏返し。ぶどうの買い付けが確保できなければ、質量ともに影響を受ける。VWのブランドが軌道に乗り、さあ増産!という時に、ぶどう農家が農園を人出に渡してしまい、急遽別のルートを探さねばならなかった という話を聞いたことがある。自社農園を持たない通常のワイナリーも事情は同じだが、店構えのない(ワイナリーの施設を持たない)WVの場合は、個人の信頼関係だけが頼りだ。更に、他人の施設を借りてワインを作っているので、施設を使うプライオリティーはそこのオーナーが最優先。2013年は、白黒ぶどうが同時に熟成してしまった稀な年。通常なら、順番に入ってくるはずが、一斉にぶどうが送られてくるので、どこのワイナリーもパニクった。なにしろ設備もスペースも足りない。こういう時、仮住まいのワインメーカーは後回しにされる。新鮮なぶどうが外に置かれたまま順番待ちというのは、切ない。


img_2552それでもVWのサクセスストーリーは、後を絶たない。中でもこのモデルを世界的規模で展開し、注目を集めているのがイギリス発のネイキッド・ワイン(Naked Wine)だ。 クラウドファンディングがベースで、$40を出資するとエンジェルと呼ばれるメンバー(顧客)になる。 本国で25万人、米国で10万人のエンジェルを有し、オーストラリアでも躍進中。集めた資金は、世界各地に散らばる無名のワインメーカーに出資し、チャンスを与える。こうして作ったワインを、エンジェルに買って評価してもらい、そのフィードバックを更にワインメーキングに活かすという一石二鳥モデルだ。一切店は持たず、全ての取引をインターネットで行うところも、無駄がない。

一見現代的なVWだが、実は最近の現象ではない。古くから活躍するブルゴーニュのネゴシアンは、現地でぶどうを調達し、自社ブランドを作ってトレードしてきた。一斉を風靡したボルドーのガラジスタ(自宅のガレージでワインを作る)も、このモデルの先駆けだ。彼らに共通するのは、古くからのしがらみの外で、自分の納得のいくワインを作ってみたいという情熱だ。この伝統は,今も脈々と継承されている。

ワイン用と生食用の葡萄の、決定的な違いとは?

image

以前、単にワインをこよなく愛好していた時代に、大きな誤解をしていた。ワインにする葡萄は、渋くて酸っぱいものと思い込んでいたのだ。その誤解を生んだのは、(1)ワイン用の葡萄は、痩せた土地で育つという常識(2)当時の主流ワイン(フランス産)は大抵渋くて酸っぱかった事実(3)ワイン用の葡萄を食べたことがなかった、などといういい加減なベースだったが、恐らく大部分の人も同じような感想を持っていた(いる)に違いない。image

今でこそ収穫期が近づくと、世界各地のワイン畑を歩き、葡萄を散々試食しているが、その味の深さや凝縮は生食用の葡萄など足元にも及ばない。もっというと、シャンパーニュのあの高い酸味は、北限の寒い地方の葡萄で育てた葡萄(ピノノワールとシャルドネが主)だから、そんな葡萄はとても生で食べられたものではないだろうと、勝手に思い込んでいた。事実は逆で、シャンパーニュにする前の(要は、アルコール発酵する前の)絞りたて果汁の美味しさといったら!どんな高級な生食用の葡萄(例えば巨峰など)を潰したって、あんな味わいはでない。その違いはどこからくるのか?image

一番の違いは、粒の大きさだ。高級品種のピノノワールやリースリングと、巨峰を比べてみると、2倍ほどの違いがある。生食用は、実が大きいため水分が多い。比して、ワイン用は粒が小さいので、実(水)に対して皮の比率が高い。実は、葡萄の旨味と香りは皮にあるのだ。生食用は、食べやすいように皮を薄くして種無しにするが、ワイン用では皮は大切だ。白葡萄であれば皮に含まれる香り(アロマ)を、黒葡萄であればタンニンや色味を抽出するわけで、実が小さい葡萄は優良とされる。種も大切だ。なぜなら、葡萄の収穫を決める際には、葡萄の種を齧ってみて、「まだ青くて渋いか」、「熟れて茶色いナッツ状になったか」などが、大切な成熟度のバロメーターとなるからだ。

生食用の葡萄に求められるのは、大粒で、形がよく、ほどよい甘さがあることで、夏に入って上昇し続ける糖分と、反比例して下がっていく酸味の兼ね合いをモニターすればよい。翻って、ワイン用の葡萄の条件は、大変複雑だ。糖度を頻繁にモニターするのは、ワインの甘さの尺度ではなく、発酵後のアルコール度数を予想するためで、酸味を図るのは、ワインのバランスを保つとても大切な要素であることと、酸はバクテリアに対する対抗菌の役目を果たすからだ。糖度、酸度、pHは計測器を使って測れるが、「味の成熟度」の決め手に、方程式はない。葡萄を食べることでしか判断できず、正にワインメーカーの腕の見せどころでもある。image

故にこの時期、彼らは畑の隅々を歩きながら、葡萄の粒をもいでは指で押して弾力をチェックし、齧りながら粒のジューシーさを味わい、皮を何度も噛み締めては旨味や香りの凝縮を確認して、最後に種を齧って最終的な熟れ具合を測るという作業を、何度も何度も繰り返す。とっくに収穫済みの生食用葡萄と違い、醸造用はまだまだこれから待つのである。これには多大なリスクが伴う。秋に入ると雨や急激な温度変化があるので、葡萄が腐ったり、水ぶくれする危険がある。それでも納得できる質を求めて、一年の労働をテコにかけて、待ち続ける。
だからワイン用の葡萄には高値がつく。興味深いことに、日本は世界で唯一、生食用葡萄の方に、圧倒的に高い値段をつける稀な国だ。一房一万円の高級葡萄が存在する国など、他にない。皮肉なことに、余った生食用葡萄で酒を作ってきた日本のワイン造りは、だから今でも遅れている。ワイン用の葡萄は、まったくの別物で、水ぶくれした葡萄など、ワインに使う国はない。この違いをしっかりと、認識してほしい。

日本人は味覚 の説明ができない!?

image

日本は相変わらず食べログ系のテレビ番組や雑誌で溢れているが、嬉しいことに最近はこれにワインが加わって、ペアリングの静かなブームが起こっているようだ。ところが困ったことに、日本人に料理やワインの感想を聞いても、相変わらず ワンパターン返答だ。曰く。「美味しい〜!プリップリだわ」「飲みやすいワインですね」。数え上げたらキリがないが、味に関わりのない意味不明の表現が、当たり前にようにレポートされる。いうまでもないことだが、『プリップリ』は食感を表す擬声語で味とは関係がないし、『飲みやすい』に至っては、あまりに主観的で、意味が伝わらない。

image

ワインの味をきちんと伝えるならば、5つの基本的な味覚、「甘味」、「酸味」、「苦味」、「塩味」、「旨味」、をまず認識して欲しい。甘さの源は、ワインに残っている残糖分が主だが、果実の凝縮度やアルコール度数の高さも、甘さを感じさせる要因となる。「酸味」は酸っぱいと感じる種類のりんご酸が多いか、まろやかさな乳酸が多いかによって、味わいだけでなく、ボリューム感(いわゆるボディ)の印象も変わってくる。「苦味」は基本的にはタンニンに起因するが、渋味は、未熟なぶどうや醸造過程から発生する。苦いというのは味覚だが、渋いというのは舌触りだ。ワインに「塩味?」と思うかもしれないが、pHの低いワインや、古代の海洋性土壌(シャブリなど)で育ったぶどう、あるいは強い潮風を受けて育つぶどうから作ったワインに仄かな塩味を感じることがある。 最後の「旨味」は、長期熟成したワイン独特の香りと味わいだ。醤油のような、あるいはキノコのような匂いと言ったら分かっていただけるだろうか?

image

ワインの理論をきちんと学んだ人は、この味覚の認識を徹底的に鍛えられる。故に、ワインの品評会でも「シャブリ=超辛口、酸味が高く、時として塩気を感じ、年を経て蜂蜜やトラッフルのような旨味成分が増す」とか、「ナパのカべルネ=果実の凝縮度が高いため(やや)辛口、酸味は低いが滑らかなタンニンが特徴で、高アルコールと相まって、どっしりとフルボディ」という常識がまかり通る。

 

高度なテイスティングを重ねると、味覚に加えてワインの品質評価が可能になる。要はワインのバランス、余韻、凝縮度、複雑味を、理解し評価するようになるわけだ。更には進化し、専門理論(醸造学やぶどう栽培など)を習得すると、味覚や品質が、どんな化学物質や変化によってもたらされたのかを知るようになる。最終的にはブラインド(目隠し)試飲の状態で、そのワインがどこの地域の何の品種から作られ、どのように醸造されたかを類推できるようになる。これは、理論と正当な試飲を重ねた結果、得るものであって、 決して「神業」でも「天才技」でもなく、誰もが到達できる領域だということを、知っていただきたい。

 

ちなみに普段、気軽にできる味覚のトレーニングがある。食べ物や飲み物の匂いをしっかりと嗅いで、自分の記憶にある何かと結びつけることだ。実は味覚の大部分は、鼻(匂い)から感知する。風邪をひいているときに、味がわからないのは、鼻が利かないせいだ。そして、もし初めての風味を見つけたら、その時一緒にいた人や、印象に残った風景と、その味わいをしっかり結びつけておくと、記憶の中にしっかり残るはずだ。例えば、 焦げたトーストに塗ったバターの香りは、フレンチオークの新樽で寝かせた高級シャルドネの匂いを呼び起こす。私たちはこういう日々の「動機付け」を重ねて、自分の中で「ワインの味の図書館」を作り続けている。

 

イタリア最高峰スパークリングワインの生産地を訪ねる Visit to Franciacorta DOCG

image7月はミラノ郊外にある、『フランチャコールタ』という、大変ユニークなワイン地域を取材してきた。ここは、知る人ぞ知るイタリア最高級のスパークリングワイン(SP) の製造地である。すぐ隣のヴェネト州では、地場品種グレラを使って早飲み用に仕上げる、飲み易いプロセッコが大量生産されており、今では世界で最も売れているSPとなった。これに対してフランチャコールタは、シャンパンと同じく高級品種のシャルドネとピノ ノワールを限定地域に植樹し、製造もシャンペンと同じく、しっかり瓶内で2次発酵させることで繊細な泡を作り、最低18ヶ月にわたって、瓶熟成する。これは本家本元のシャンペンの最低規定期間の12ヶ月よりも長いことになる。

image

フランチャコールタの歴史は新しい。ロンバルディアというイタリアで最も洗練された地域で20世紀後半に発展した。仕掛け人は、ミラノで財をなした富裕層で、「イタリアでフランスのシャンパンを凌駕するワインを作る!」というかけ声のもと、国の定めるワイン法よりさらに厳しい自主規制を課し、短期間で地域振興を達成した。

image

今回訪問したのは、この地域の二大生産者。カーデルボスコ(Ca’del Bosco)はシャンペンに例えれば、モエテシャンドンに近い。そのスタイルはフルーティーでキレイな果実味が特徴だ。一方のベラヴィスタ(Bellavista)は、モエットの対極にあるボランジェのスタイルで、樽熟成から生まれる深みとフィネスが特徴だ。誤解を恐れずに言えば、ボスコはモエットのように万人受けするおいしい果実味があり、ベストセラーのCuvee Prestige (米国での35ドル前後)は、筆者も毎週のように気軽に愛飲している。正にイタリアの太陽と、ハイテクが生んだSPである。対して、ベラヴィスタはよりシャンペンに近いスタイルで、酸味も旨味もボスコより高く、熟成度が深い。image

スタイルは違っても、2社に共通するのは、「イタリアではブドウが成熟するので、シャンペンのキツ過ぎる酸味やシビアさはない」というポジションだ。まるでカリフォルニアのワインメーカーの言かと思ってしまうが、彼らにとってもシャンペンの非常に高い酸味は、敬遠するのだろうか。逆にあの酸味や、果実味を抑えたシビアさが好きだという人は、シャンペンを好むわけだ。

image

地域を訪問してまず驚いたのが、近代的な美しさだ。どちらのワイナリーも、超近代の造形を誇り、庭園や社内(クラというより会社に近い)にはモダンアートが惜しげもなく飾られ、まるで美術館のようだ。小高い丘に立てば、北にイゼオ湖が佇み、南はオルファノの山々が囲む地形が見られる。この湖からの湿った空気と、山からの涼風が、本来は非常に暑い地域のブドウ栽培に、良い影響を及ばしている。

image

フランチャコールタにも、課題は多々ある。まず知名度が低いこと。歴史も新しいが、生産量が少ないため、当然輸出市場も限定される。また、生産者による質のばらつきもあり、中にはソコソコの質で20ドル以下のものもあるが、この価格帯はシャンパン以外のSPがひしめく激戦区だ。逆に高品質のものは、シャンペン並みの値段が付いており、一般の消費者が両手に取ったときに、どちらを選ぶかは自明の理だ。ここで、シャンパンではなく、消費者がフランチャコールタを選ぶという構図が描けるように、生産者が一枚岩になって、マーケッティング戦略を打っていく必要がある。実例として、世界で最も成功している「ブランドシャンペン」という競争相手を追い落とすのは、容易ではない。image

シェリー酒発祥の地を訪ねる Visiting Jerez and Sanlacur

imageシェリー酒の取材で、スペイン最南西に位置するヘラス地域(Jerezはスペイン語でシェリーを意味する)に来ている。地図で見ると、イベリア半島の最西南。太平洋に面しているが、南の対岸には北アフリカが迫る。かつては海洋貿易で栄えた古都だが、現在ではスペイン国内で最も貧しい地域のひとつといわれている。とはいえ、シェリーワインの発祥地であり、今でも数世紀を経たボデガ(シェリーを醸造、保存する蔵)が町の中心に立ち並ぶ歴史と風情のある町並みだ。image
シェリー酒は、「酒精強化ワイン(fortified wine)」といわれるワインで、ワインと違うのは、アルコール度の高いリキュールを加える(酒精強化)ことで、40度以上にも達する暑いスペインの夏や、遠くイギリスや新世界にながい船旅をしていた時代に、スポイルしないという手当てをしていることだ。ポルトガルのマデイラや、イタリアのマルサラも、同じ類の酒だ。シェリーのユニークな風味は、地場でしか育たない「フロアー(flor)」と呼ばれるイースト菌の活躍による。

imageこの菌は、通常のワイン酵母と違い、常に酸素を必要とする変り種だ。普通のワインは、空気に触れると酸化する(お酢になってしまう)ため、樽に空気が入らないように常にワインで満タンにしておく必要がある。しかしシェリーの場合は、樽の1/6までしかワインを入れずに、わざと空気を樽内に閉じ込めておく。そうすることで、シェリー地方の蔵(樽も含む)に住み着くフロアー菌が、樽内のワインの表面に発生し、最後には表面を全て覆ってしまう。つまりはワインが空気に直接触れることがなくなり、酸化を防ぐというわけだ。この状態が長く続けば続くほど、パンが発酵しているようなイーストっぽい香り(俗にシェリー臭といわれる)や、塩っぽい海の匂いが漂う、フィノ(Fino)やマンザニア(Manzanilla)というシェリー酒になる。image

シェリーはこういう超辛口の玄人受けするものばかりではなく、素人向けの甘口もある。そもそもシェリーにしろマデイラにしろ、大昔にイギリス人が自国(と植民地)の貿易振興のために作った酒で、そのために「酒精強化」という技を開発した経緯がある。甘口のワイン好きなイギリス本国では、甘いリキュールを加えて作るクリームシェリーの人気が高く、かくいう筆者もニューヨークの学生時代には、ひと瓶3ドルで買えたHarvey’s Bristol Creamを愛用していたものだ。image

ちなみに、シェリーもフランスのシャンパーニュ同様、EUのワイン法で保護されており、「アンダルシア地方の、パレミノブドウ品種などの指定品種で、シェリー製法でつくったもの」を指す。パレミノというブドウは、日本の甲州やロワールのミュスカデのように、比較的凡庸であまり特徴のない品種だ。だからこそ、こういう特殊製法に向いていると言える。最高品質のパレミノが生産されるのは、「シェリースーペリヤー」という小さな地域。今回の視察でも、その地域独特の「アルバリザ」土壌を視察した。シャンパーニュに近い白っぽい土で、小石のような表土を手にとって握りしめるとボロボロと簡単に壊れる。要は、雨の少ないこの地域に不可欠な、水分の吸収と保存が良い土質で、真夏の暑いさなかにブドウの木に必要な水分を与えることのできるテロワールだ。近年はイギリスのシェリー離れが進行し、今後の生産が懸念される。利に聡い生産者は、シェリーから普通のワインの生産に切り替え始めている。こういうデリケートなワインこそ、日本食とのペアリングに活躍できないか?悩ましい限りである。image

Does grape taste like that wine? ブドウとワインって同じ味がする?

よくこんな質問を受けます。実際、畑に出て木からブドウをもいで食べてみても、「これはカベルネ、こちらはメルロー」と明快に識別できることは稀です。勿論、熟練のブドウ農家であれば、葉や房の形状、色味などで区別できることはありますが、他人の畑に連れて行って、これはどの品種だ?と聞いても、躊躇することのほうが多いくらいです。自分の畑であれば、どこに列にどの品種を植えているのかは、配列ごとにきちんと管理されていますから。 やっかいなのは、同じ品種(ピノノワール)の中でも、何十とあるクローン(666、777などと呼ばれる)は、それぞれ性格や味わいが異なること。みかけも違えば、性質も違ってきます。例えて言えば、同じ日本人でも、北海道と沖縄の違いかな?IMG_5255

とは言え、ワイン用のマスカットは明らかにワインに近い、分かりやすい品種です。香水のような甘い花の香りと、ブドウジュースのような口あたりの良さが特徴の、『モスカト(マスカットのイタリア読み)』が代表的なワインですが、この本来のブドウに近い味わいに仕立てるためには、低温を保ちつつ、空気に触れさせずに、ステンレススチールタンクでワイン造りをします。つまりはピュアーな果実味を保存する製造法です。これに対して、ブドウを潰した後、皮と一緒に長期漬け込み、木樽で寝かせるという製法は、本来のブドウの性質を変化させる手法で、皮から抽出されるアントシアニンの影響を受け、心地よい苦味が加わり、色合いも濃くなります。また、樽内でゆっくりとワインが酸化していくことで、ナッツの風味が加わったり、超辛口なワインに仕上がっていきます。この手法は本来赤ワイン作りに用いる方法ですが、特徴のない白ブドウ品種(甲州やミュスカデ)に複雑味を加えるために用いたり、この手法に耐えうる凝縮度の高いブドウ(シャルドネ)に使います。IMG_4428

本来ワインとは、ブドウが内包する化学物質が、醸造中に発生する成分と化学反応を引き起こすことで、出来上がっていく飲み物です。つまりは、どんなワイン造りをするかによって、味も色も変わっていきます。日本酒もそうですが、アルコール発酵を促すイースト(酵母)の種類で、ワインの風味をコントロールできますし、一事が万事で、醸造の温度、長さ、入れ物(樽、タンク)の素材、形、大きさの違いで、別物のワインに変化するわけです。

それでも、品種独特の特徴はあります。例えば、ボルドー品種(カベルネ、メルロー、ソービニョンブランなど)の青臭さや、シラーの黒胡椒風味は、そのブドウの持つ味わいですが、これに対してある種のシャルドネのバター臭や、リオハやシラーズの甘いスパイスは、醸造手法から発生したものです。もっとも、ナパのカベルネに青臭さがないのは、アメリカ人がこのピーマンのような匂いを嫌うので、ブドウをうんと熟してから収穫することで、品種独特の性質を消してしまいます。これはフランスの硬派で超辛口のシラーに対して、オーストラリアが作った甘口でどっしりした「シラーズ(同じ品種)」と、同じのりと言えるでしょうか。

そもそも、ブドウがおもいっきり熟してしまったら、どんな品種だって一様に、レーズンになるわけで、どこぞの国の整形美女のようなものかもしれません。つまりは、みーんな同じように、きれいだけれども、特徴のないワインが勢ぞろいするという訳です。あーあ。

ストロー付きの小缶に入ったシャンパーニュ?

いや驚いた。普段は決して足を踏み入れないスーパーのワイン売り場の、一番奥の陳列棚。大抵の買い物客なら通り過ぎてしまう忘れられた場所だ。一昔前なら、 そこに並んでいたのは 大瓶の格安「ジャグワイン」。定番のGalloにCarlo Rossi 、そしてAlmadenなどである。ところが今では、こんな重たい瓶に詰めずに、風船のように膨らむBladder (ブラダー)と呼ばれる袋や、ビニール製の袋に詰め、紙の箱に入っている。軽くて持ち運びが便利で、生産者のコストが更に抑えられる。

IMG_5643

よく見ると、ツーバックチャック(two buck chuck)と呼ばれて大ヒットしたトレーダージョーズ(Trader Joe’s)のワインも、最近ではこういう紙の箱に入って普通のスーパーでも売られている。これは正解かもしれない。何も、わざわざガラスの瓶に詰めてコルクを打つ必要などない、早飲み用のワインなのだから。

 

しかし驚いたのは、キラキラ光るショッキングピンクとシルバーカラーの6角形の箱に入ったスパークリングワイン(SP)だ。何ともガーリーで可愛らしい包装だが、開けてみると中から出て来たのは、これまたキュートな小さな缶が4つ。取り上げてみると、なんと日本が昔開発した(に違いない)小さなストローがちょこんとついているではないか!お〜っとばかり、ラベルを見てみると、なるほど〜。あの映画監督転じてワイナリーのオーナーになったコッポラが、娘の名前を冠した「ソフィア」というブランドだ。

IMG_5640

ソフィアのSPといえば、目立つ包装が得意。通常の750ccサイズなら、シャンパーニュもどきの瓶につめて、更に上から黄色い透明なセロファンペーパーをラッピングしている。とはいえ、15ドルで買えるワインだ。この包装は、私が大好きなイタリア最高のSP、フランチャコールタのなかでも、カデルボスコという銘柄が昔から使っているラッピングだ。最初にソフィアをスーパーで見た時は、思わず間違って!、買ってしまいそうになった。

 

そもそもスーパーのこんな場所に行ったのは、こういう奇抜なパッケージングをリサーチするためで、15ドルという大枚(?)をはたいて、缶入りのSPを買ってみた。家に帰って、おそるおそる飲んでみると、まあ思った通りの味だが、キンと冷やして飲む分には悪くないのかもしれない。SPはふたを開けたら飲みきらないと、泡が抜けてしまうが、一人で一本は持て余すのであろう。そういう意味では、こんな小さな缶は女性にとってはありがたいのかもしれない。

IMG_5642

最近では、紙パック(テトラパック)に入ったワインも世界的にかなり流通してきている。テクノロジーが進んだお陰で、酸化もかなり防げるらしい。レストランやバーでは、生ビールよろしく、ワインをタップで飲ませる場所も増えて来た。これなら、グラスワインを気軽にオーダーできるし、コルクの異臭(ブッショネ)リスクもない。

勉強不足の業界人や、形にこだわる消費者、生産者は、未だにワインは瓶に詰めてコルクを打つもの!と決め込んでいる。確かに、購入してから数年、数十年と自宅のワインセラーで保管するなら、昔ながらのパッケージングが良いであろう。が、市場調査で明らかなように、大多数は買ったワインは一日以内に飲むという。であれば、たまには頭を柔らかくして、スクリューキャップや、タップワインを試してみるのはいかがなものか?