投稿

カリフォルニアで日本人女性のワインブランドを立ち上げ中!

ワインライターとして、またビジネスコンサルタントとして、数多くのワインメーカーと関わってきて、決めていることがある。それは、私の力で少しでもお役に立てることがあれば、応援しようということ。勿論、無償だ。日本にカリフォルニアワインを紹介してきたが、これもワイナリーから一切金銭の授与はない。単に、紹介する価値のあるワインだと思ったものだけを、インポーターにつないでいる。そして今まで関わってきたのは、いずれも小さなワイナリーで、ワインメーカーは転職組みか、海外からアメリカにワイン造りに来た人ばかりだ。醸造現場は、若くて才能がある、力持ちの白人の世界だ。時々、日本人の醸造希望者に出会うが、彼らには是非アメリカで成功して欲しいと言って来た。 そんな時、日本人の友人から「カリフォルニアで日本人のブランドを立ち上げたいが、力を貸してくれないか」と打診された。

うーん。私は、もともと「日本人だから」とは「女だから」とかいう論理に冷淡で、「好きでアメリカに来たのなら、現地人のトップの間で勝負して、勝つべし!」という鉄則がある。「なんか、日本人同士が外国でくっついて、日本人相手の仕事をするのって、カッコわるーい!」なんて、内心思っているところがあった。(注:勿論、日本人にしかできない仕事は貴重です)とはいえ、いい年をして、「遊び心」がないわけじゃない。じゃあ、 自分たちでワインを造って、ブランドを立ち上げてみよっか?となった。

こうして3人の大和撫子で、立ち上げたのが「カリフォルニア ナデシコ ワインプロジェクト(仮称)」だ。私は、日米での広報とワイン教育を担当し、ワインメーキングにもかなり口を挟む。ぶどうを供給するのは、40年間ソノマヴァレーの中枢でワイン用ぶどう園を経営して来た中井夫妻。写真の通り、昨年9月の猛暑が訪れる前夜に、シャルドネを一緒に収穫した。美しいぶどうだった。ご夫人の貴子さんは、ご主人のNakai Vineyardワインを日本で販売している実績もあり、日本側の広報と事務会計を担当。そしてワインメーキングを担当するのが友人の平林園枝。当地カリフォルニア大学デービス校で醸造の学位を取得した後、ニュージーランドのKusuda Wineをはじめ、南米、米国を代表する最優良ワイナリー(リトライ、スティーヴ マサイアソン)で修行。もともと長野のリンゴ農家出身なので、畑作業にも精通しているナデシコだ。自分たちのワインを作る施設は、ナパのクラッシュパッド(ぶどうを持ち込み、自分のブランドをそこで作る賃貸施設)にした。私たちのプロジェクトを担当してくれるワインメーカーのトップ若山さんも日本人で、 まさに日本人のプロチームが集まってしまった。

このプロジェクトを立ち上げる際に、3人で同意したことがいくつかある。まず、最初に造るワインは、シャルドネ。スタイルはあくまでカリフォルニアらしく、しかも酸とフルーツのバランスの良いエレガント系(ナデシコ?)に仕立てたいこと。そしてなるべく手を加えないヨーロッパ方式で作ること。できたワインは、日本で紹介すること。顧客に対しては、できれば3人一緒に、説明兼試飲会を開きたいこと。そこで、ぶどうから瓶詰めまでの過程を、そしてこのワインに関して起きた様々なストーリーをシェアーしたいこと。などなど。

今、私たちの摘んだシャルドネはアルコール発酵を終え、13の樽で春の到来を待っている。つい先日も味見に行き、美しい成長を確認してきた。これから、正式なワインの名前やら、ラヴェルを決めていくが、「みんなのワイン」ならば、名前やデザインも公募しても良いのではないかと思っている。ご意見があればぜひ。(yuki@wisteriawine.com、 フェーフブックNadeshiko Winesまで)

濁ったワインは優良なワイン!?

先日友人からこんな質問を受けました。「人から『このワインはとても美味しいので、是非飲んでみて下さい』と頂いた白ワインがあるのだけど、よくみるとちょっと濁り気味なのね。同じメーカーのシャルドネを飲んだ事があるのですが、もっと澄んでいて、とても美味しかったけど、、、」とのこと。

 メーカー名を聞いて、「それはフィルターされていない(ノンフィルター)シャルドネのことじゃない?」と確認すると、「そう、確かラベルにそう書いてあったかも。フィルターって何?」という、ごもっともな質問。

 よござんしょう。まずはそこから説明しましょう。ワイン造りの過程で、潰したブドウ(=ジュース)から時間をかけて出てくる残留物や、酵母菌の残骸などが、樽(或はステンレススティール)の底に溜まっていきます。実はワインの旨味と、長期熟成度は、こういったブドウの皮や、実の間に有る成分と、発酵を終えてワインの底に沈んでいる酵母菌が分解されて出てくる成分に依って、作られるのですね。

 とはいえ、こういう澱を全て残しておくと、苦み、酸化、異臭などの原因になるので、ワインメーカーはこの「旨味」の部分を取り去らずに (即ちフィルターにかけずに)、「異分子」だけを除去することに、心を砕くのですね。尤も、そういうメーカーは、自然派(オーガニック、バイオ ダイナミック)や、ブティックワインといわれる小規模で高品質の作り手、そして高名シャトーなど、時間と手間暇を惜しまないワイナリーに限られますけれども。

 一般には、澱を全て取り除く「フィルタリング」を、瓶詰めの直前に行います。そうすることで、白ワインなら透き通る様に輝く「ブリリアント」な色になりますし、赤ワインでも同じく光を良く通すきれいな赤になる訳です。何故、フィルターするかというと、基本的には消費者が「見た目がきれいなワイン」を望むからですね。そして作り手も、瓶詰め前にフィルターをしてしまえば、旨味やワインの複雑な味わいが減っても、間違って残った不純物から起きるワインの酸化、劣化などのリスクを事前に除去出来るので、簡単です。

 フィルターの方法は多々ありますが、分かり易く言えばコーヒーを濾過紙で通すイメージですね。最近はコーヒーも濾過(ドリップ式)ではなく、ポットに入れたコーヒーに直接お湯を注ぎ、金具で押さえて上澄みのコーヒーを注ぐ飲み方も見かけますが、この場合は、濾過したコーヒーと違い、少し濁った液体になりますよね。

 まあ、これは飽くまでイメージとしての例えですが、ワインの濾過も、澱が全く通らない超微粒子のフィルターを使って、ブリリアントに輝くワインにしたり、粗目のフィルターを使って、多少の旨味が残る様に調整したりと色々ですね。

 究極は一切フィルターをかけない製法。といっても、この場合は瓶詰め前の一斉フィルターをしない代わりに、樽で寝かしている間に、樽の底に溜まった沈殿物だけを残して、上澄みのワインの美味しいところを他の樽に 移し替えるという「澱引き」を何度もかけます。これはコストも時間もかかる大変な作業ですから、ワインも割高になりますが、質も向上します。

 友人が頂いたワインはナパの優良なワイナリーであるニュートン(Newton)のシャルドネで、このワイナリーではわざわざ「普通のフィルターをかけたシャルドネ」とこの「ノンフィルター(Unfiltered)シャルドネ)を作っています。当然ノンフィルターのお値段の方が高いのですが、ニュートンのフィルターワインは、ノンフィルターのほぼ倍近くと割高。

 えっ?2倍?と思われるかもしれませんが、それは「澱引き」のコストが高いというだけではなく、ニュートンでは、わざわざこんな優良なワインを作るのであればと、使うブドウもより秀逸な畑からとれるブドウを使っているので、これだけお値段に差が出て来ているのです。というか、ノンフィルターのワインを作るというメーカーは、それをするだけの価値の或る高品質なブドウを使い、全ての行程にも通常以上の手間暇をかけますから、必然的に一本当たりのお値段が上がって来ます。私もこの2種のニュートンのシャルドネを飲みましたが、差は歴然としていましたよ。でも両方とも、良く出来たワインでした。

ノンフィルタワインといえば、個人的には、私はキスラーのシャルドネをここ何十年と愛飲していますが、それは複雑で味わい深く、年々の変化を楽しめるワインです(写真右)。ヨーロッパでも、アメリカでも、こういうワインメーカーは大変なこだわりを持って、ワインを作っているのですね。

 ちなみに、ワイン通であればノンフィルター ワインを好んで購入しますし、またレストランなどでワインが微妙に濁っていた場合には、ソムリエに「あら、ノンフィルター ワインね。嬉しい!」と言ってから、頂きます。ソムリエであれば、「ああ、この人はワイン通だな」と認識し、そういう待遇をするであろうし、万が一間違ってフィルターワインなのに、濁っていた場合には、慌てて引っ込めて、新しいワインを注ぐでしょうから。

 そう、最後の忠告。濁ったワインが全て美味しい訳ではありませんよ。フィルターをかけたのに濁りが生じるのは、瓶の中の不純物がワインを劣化させている証拠。購入の際には、この点の確認を怠り無く。

2千ドルのロマネコンティ晩餐会(その2)

 

ちなみに、4月28日の土曜日に開かれたこの晩餐会は、アメリカでの私の故郷、ニューヨークでまず 開催された後、ここカーメル(正式にはCarmel by the seaという美しい海辺のリゾート地です。往年の映画スターで、隣接するペブルビーチの住民でもある クリント イーストウッドが町長をしていたこともあります )に場を移したのです。アメリカ広しといえども、この2都市だけで、開催されたのでした。ああ、ラッキー!

またこの晩餐会を企画したのは、ミラベル グループ(Mirabel group)というリレ・エ・シャトー系の高級リゾートを保有する企業で、顧客リスト(かくいう私も、このイヴェントが開催されたL’Auberge Carmelを始めとして、世界中のリレエシャトーを泊まり歩いた時期があったのでした)の中から、招待リストを作ったとのこと。こういうレストランの常で、高級なセットアップでしかも、小振り。せいぜい、20名も入れば満員というキャパです。

さて、当日は大好きなペブルビーチに寄り道をしてゴルフをすることもなく、サンフランの自宅から車を飛ばして会場に直行。なにしろ、このカーメルという町。こじゃれたブティックが軒を並べる買い物のメッカでもあるのですね〜。という訳で、3時間ほど久しぶりにショッピング。ここ数ヶ月の仕事と勉強の缶詰状態から、ほんの一時期解放され、『誕生日、誕生日!』と出費をするたびに念仏を唱えながら、大きな紙袋を抱えて、オーベルジュに帰還。

閑話休題。皆さんは、アメリカという国が、如何に男女べったりのお国柄かご存知ですか?大の男が、「ゆき〜、僕今夜はデート(の相手)が見つからないから、折角招待してくれたけど、君のホーム パーティーに出られない(即ち、連れが居なくてかっこ悪いから、行けな〜い)』と電話して来て、口をあんぐりした覚えがあります。が、そこはアメリカ人も多少進歩しているので、最近では一人でパーティーにでられるというツワモノも居ない訳ではありません。かくいう私は、正にそのツワモノの代表格。男が横に居るより一人の方が、何かとネットワークし易いということもあり、大抵一人で出かけて行きます。

さて、この日も私は一人。当然ほとんどの人がカップル、或は仲良しの友人と来ています。逆に言うと、私のフットワークが一番軽いのです。まず最初に中庭でシャンパーニュ レセプションが開かれ、そこであのクリュッグのヴィンテージシャンパーニュが振る舞われます。ドレスアップして、ぶらっと中庭に降りて行き、シャンパーニュのグラスを受け取り、すぐ目の前にいたカップルに話しかけ、ジョークを連発して、直ぐに大笑いの連発。その女性、シーラはなんとこのレストランの一番の常連とかで、意気投合しているうちに『ゆき、気に入ったわ。あなたの席を私たちと同席して貰うように、交渉してくる』と張り切って、館内に消えて行ってしまいました。

この写真がその彼女とのワンショット。その間にも、その夜料理を担当するシェフ3人が次々に挨拶に来たり、ロマネコンティのあのヴィレーヌ氏や、オーベルジュの支配人が声をかけてきます。その時、ふと気がついたのです。流石に年代物のクリュッグを、お代わりする人、或はウェイターが自主的に継ぎ足している人は、このシーラ以外に居ない!って。そこで、得意技を発揮し、若いウェイターに、『う〜ん、このシャンパーニュ、もう少し継ぎ足してくれると、すご〜くハッピーになるんだけれどな〜』と言ってみたら、案の定『オッケー、でも内緒ね!ちょっと待ってて!』と私のグラスを受け取り、なんと並々と注いだおかわりを持って来てくれたのでした。ラッキー!

そうこうしている間に、晩餐会の準備は進み、中庭からレストランへの移動開始です。シーラがそっと私に囁いてくれたところに依ると、「ゆきの席を私たちと一緒にしてくれるよう交渉したら、支配人が『それはちょっと厳しいなあ。今から変更出来るかどうか、トライはしてみるけれど….』という返事だったわ。さてどうなるかしらね?」とのこと。

さてさて、私の席はどこ?と見てみると…..  。